ボクサー犬の性格・特徴、飼い方や飼う時の注意点など

ボクサー犬の性格・特徴、飼い方や飼う時の注意点など

 

一見怖そうな見た目ですが、穏やかで心優しい性格を持つボクサー犬

実は判断力をしっかりと持っており、賢く忠実な犬種です。

しわしわの顔が愛らしく、家庭犬としても親しまれています。

たくましい見た目と品のある性格など、ボクサー犬の持つ様々な魅力や飼うときのコツ等について、詳しく見ていきましょう。

 

ボクサー犬の主な特徴

ボクサー犬の性格やサイズなど、様々な特徴について、ポイントをまとめて説明していきます。

原産国

ドイツ

 

価格

10~20万円

 

特筆すべき特徴

  • 大型犬
  • シングルコート
  • 元闘犬
  • 時に凶暴

 

性格

番犬や警察犬としても活躍しているボクサー犬。

過去には闘犬や狩猟犬だった歴史を持ち、運動神経も良く、元気で体力のある犬種です。

しかし不器用な一面も持ち合わせているため、しっかりしつけを行うことが大切です。

性格は忍耐強く勇敢で、飼い主に対して従順なので、家族の一員にするにはピッタリといえます。

活発さも持ち合わせており、愛情深く甘えたがりな部分もあるので、家族や小さいお子さんとも楽しく過ごすことができるでしょう。

日々の生活の中で、飼い主や家族と信頼関係を築くことで、頼もしい一生の良きパートナーとなることができます。

 

サイズ

ボクサー犬は大型犬に分類されています。

具体的なサイズは、

オス:体高57-63cm、体重30kg
メス:体高53-59cm、体重25kg

であり、メスの方が少し小柄な体型をしています。

 

体格

ガッシリとしており、筋肉質で骨太な体格をしています。

足が長くスラッとしているので、上品な印象をうけるでしょう。

犬種の中でも見た目や品格が重要視されており、上向きの鼻やしわの寄り方など、頭部が特に魅力的だと言われています。

 

被毛・カラー

光沢のある美しい被毛を持っています。

シングルコートで短毛なので、特に抜け毛の心配はいりません。

被毛のケアは比較的簡単ですが、高温多湿な気候を苦手とするため、健康管理には気を配りましょう。

毛色は、

  • ブリンドル(茶色または金色が入った、黒に近い色)
  • フォーン(黄金色)

などの種類があり、白色の班が見られることもあります。

 

寿命

ボクサー犬の平均的寿命は、一般的な大型犬と同じく10~12歳です。

遺伝性の病気を持つ可能性があるので、日頃から健康診断やケアなどを行うことが大切です。

個体差によって寿命は異なるので、日頃から愛情を持った飼育を行いましょう。

 

ボクサー犬の歴史(発祥~現在、名前の由来)

ドイツが原産国で、初めは小柄な体格をしていました。

品種改良ののち力強いあごや体力を持つようになり、猟犬として活躍していました。

ボクサー犬は、獲物に直接噛み付いて主人が来るまで待っているという、他の猟犬とは異なった勇敢で危険な仕事を行っていたという歴史をもっている犬種です。

当時は「ブレインバイザー」(牛噛み犬)と呼ばれていたという記録があります。

さらに闘犬として繁殖が行われ、イギリスにて闘犬が禁止されるまで活躍していました。

 

何度も品種改良や繁殖が行われたため、雑種化が進んでいましたが、一つの犬種としてまとめられ「ボクサー犬」という名前が付けられました。

ボクサー犬の名前の由来は諸説あり、どれもユニークで面白いものとなっています。

例えば、

  • たくましい体付きが「box」のようだから
  • 闘犬の歴史もあるので「ボクシング」由来
  • ドイツ語で「噛み付く人」という意味の「バイサー」由来

などが上げられています。

1905年にドイツにて公式な犬種として登録され、アメリカでも繁殖が行われるようになりました。

日本へは昭和の初め頃に輸入され、警察犬や家庭犬として親しまれています。

 

ボクサー犬の飼い方、飼うときの注意点

気を付けたい病気

ボクサー犬は拡張型心筋症を起こしやすい犬種です。

先天性の病気で遺伝により発症し、「ボクサー心筋症」とも呼ばれています。

オスに多く見られ、失神や不整脈などを起こします。

一度発症すると運動制限や投薬などの対応が必要とされるので、日頃から健康診断や体調管理に注意しましょう。

他にも、胃がねじれることでガス等が溜まりやすくなす胃捻転や椎間板ヘルニアなどが上げられます。

何か異常を感じたら、早めの動物病院への受診を行うことが大事です。

 

飼い方

ボクサー犬は闘犬だった歴史から見るように、運動が大好きな犬種です。

日頃から1日3回、各1時間ほど散歩の時間を確保し、ストレスが溜まらないようにしてあげましょう。

また、子供の頃からのしつけが性格の核となるため、甘やかしすぎずしっかりとしつけを行うことが大切です。

神経質な一面も持っているので、厳しくしすぎず褒めるスタンスを持つなど、メリハリを持って接していきましょう。

賢く判断力のある犬種なので、愛情をもって日々の生活から信頼関係を築いていくことがしつけのコツとなります。

 

まとめ

ボクサー犬がどんな犬種なのかわかりましたか?

見た目はちょっと怖そうなボクサー犬。

しかし性格は愛情深く穏やかで、賢く忠実なパートナーにふさわしい犬種です。

子犬の頃からしっかりとしたしつけを行い、信頼関係を築くことがポイントです。

賢く好奇心旺盛なボクサー犬を家族に迎えれば、信頼できる頼もしい一員となるでしょう。

上記に記載した魅力や注意点を踏まえて、是非ボクサー犬と共に楽しい時間を過ごしてください!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です