犬に絶対にあげてはいけない食べ物・飲み物は?

犬に絶対にあげてはいけない食べ物・飲み物は?

 

食事中に愛犬がよだれを垂らしながら物欲しそうな顔で見ていると、ついつい食べ物を与えてしまうこともあるかと思います。

その他にも最近では、愛犬にドッグフードではなく人間の食材を利用して手作りご飯を与える飼い主さんも増え、犬が人間の食べものを口にする機会も増えました。

ここで注意したいのが、人間にとってどんなに栄養価の高い食べ物であっても犬にとっては体に害を及ぼす危険性がある食べものがあるということです。

あげてはいけない物を知らないうちにあげていたなんてことがあるかもしれませんよ。

今回は、犬に絶対あげてはいけない食べ物と飲み物についてご紹介致しますので、愛犬に人間の食べ物や飲み物を与える際は十分気を付けてください。

 

犬に絶対あげてはいけない野菜

人間にとっては、栄養価の高い野菜類ですが犬にとってはどうなのでしょうか?

人間の健康には必要不可欠な野菜でも、犬は食べてはいけないものがありますよ。

 

ネギ類

知っている方も多いと思います。

玉ネギニラ長ネギのようなネギ類全般は犬に絶対あげてはいけない食べ物の代表格とも言える程危険な食べものです。

その理由は、ネギ類に含まれている「n-プロピルジスルファイド」と「アリルプロピルジスルファイド」という物質が理由で、これらが入った食事を犬が摂取すると赤血球の「脂質膜」という薄い膜に悪影響を及ぼします。

犬の「脂質膜」がダメージを受けると、溶血性貧血の原因となり、その他にも血色素尿(尿内にへモグロビンが現れる)を引き起こし最悪の場合犬は死に至ります。

命の危険がありますので、少量であってもネギを食べてしまった際は獣医師に相談しましょう。

 

ラッキョウ

ラッキョウには、「有機チオ硫酸化物」という犬にとっての中毒成分が含まれています。

犬に与えてしまうと赤血球を壊す危険性があり、赤血球が壊れることによって貧血症状を引き起こす可能性があります。

また、重症化した場合は高カルシウム血症を引き起こしてしまうことがあるので要注意です。

このようにラッキョウは絶対犬にはあげてはいけない野菜です。

 

野菜の芽とヘタ

ジャガイモの芽ナスのヘタトマトのヘタなどには犬にとっての中毒成分「ソラニン」が含まれており、下痢や嘔吐の原因になるため絶対にあげないようにしましょう。

 

犬に絶対あげてはいけない果物

ご存知の通り多くの果物には糖分が含まれ、犬が好むものが多いです。

甘くおいしい果物は犬にあげても良いのでしょうか?

意外なものもありますから注意してください。

 

みかん

我々日本人には、馴染み深いみかんですが、犬には危険です。

柑橘類の皮や茎、葉には毒素が含まれる場合があります。

果実だけであれば基本的に問題はありませんが、少量にしましょう。

多量摂取は、下痢や嘔吐の原因になります。

 

ぶどう

甘く食べやすい点から、犬にあげても大丈夫そうなぶどうですが、犬には危険な食べ物です。

ぶどうのみならず干しぶどうにも同じことが言えますが、犬に与えると腎機能障害によって急性腎不全になる可能性があります。

最悪の場合は犬が死んでしまうことがあるので、絶対にあげてはいけない果物です。

私たち人間が食べ終わった皮などを知らぬ間に食べている事がありますから注意しましょう。

 

甘くおいしい桃ですが、犬にとっては危険です。

種や皮などに毒素が含まれており、摂取すると中毒症状が出ます。

果実は基本問題ありませんが、リスクを考え避けましょう。

 

アボカド

アボカドは犬の健康に役立つと考える方もいますが、実は日本で出回っているアボカドの種類であるグアテマラ種には「ペルシン」と呼ばれる成分が多く入っているので、犬にはあげないことをおすすめします。

グアテマラ種以外の品種であっても「ペルシン」が含まれているアボカドは存在し、種類に問わず熟していないアボカドにも注意が必要です。

ペルシン」という成分は、体内で殺菌作用が期待できますが犬には毒素となり、嘔吐や下痢を引き起こす要因となります。

 

下痢になりやすい果物

リンゴ、梨、さくらんぼ、パイナップル、キウイ、桃、ブルーベリー、ライチ、マンゴー、ブルーベリー

 

犬に絶対にあげてはいけないその他の食べ物

野菜や果物以外にも、食べてはいけない物がたくさんあります。

命に関わるものも多くありますから、しっかりと覚えておきましょう。

 

チョコレート

チョコレートも犬に与えてはいけない食べ物として有名ではあると思います。

チョコレートには常緑樹であるカカオが含まれており、「テオブロミン」という有毒成分が入っています。

人間であれば「テオブロミン」の消化能力が高くすぐに代謝することができますが、犬は「テオブロミン」の代謝能力が低いため(消化に時間がかかる)、体内に長時間この成分が留まってしまいます。

そのため、体の中の毒性量が増えてしまい内臓出血、けいれん、心臓発作や不整脈を引き起こしやすいと言われています。

チョコレートは絶対に与えてはいけない物の1つで命に関わるので大変危険です。

 

卵の白身

卵の黄身部分は生で与えても問題ありませんが、白身部分は絶対にあげないようにしましょう。

白身には「アビジン」が含まれており、栄養素であるビタミンB7やHの吸収を妨げる原因となりかねません。

十分に加熱して与える分には問題ありませんが、生で継続して与えることは絶対に避けなくてはいけません。

与えても良い境目が難しいので、卵はあげないほうが良いでしょう。

 

香辛料

唐辛子をはじめとする香辛料は、犬にとって非常に刺激が強く危険な食べ物です。

特に、消化器官である胃腸は刺激を受けやすい為嘔吐下痢に注意が必要です。

その他にも刺激の強い香辛料は、犬の肝臓や腎臓に負担をかけやすいと言われていますので、絶対にあげないようにしましょう。

 

鶏の骨

動物の骨をあげる飼い主さんがいますが、鶏の骨は加熱すると縦に裂けやすいため絶対にあげないようにしましょう。

縦に裂ける骨の場合は、特に先端が尖るため喉やその他の消化器官に刺さってしまうことがあります。

骨自体の成分には問題が無いことの方が多いですが、体内を傷つける可能性があるので控えましょう。

 

砂糖

砂糖と言うとカロリーが多いからあげない飼い主さんが多くいますが、実は砂糖を犬にあげてはいけない理由は肥満に関連する危険性だけではありません。

砂糖は、ビタミンB1の欠乏症とカルシウム欠乏症が起こりやすいので十分に注意しましょう。

命を落とすことは稀ですが、体調を崩してしまう可能性が十分にあります。

 

犬に絶対あげてはいけない飲み物

食べ物だけではなく、飲んではいけないものがありますから覚えておきましょう。

命の危険もありますから、しっかりと知識を付けておくことが大事です。

 

お茶類やコーヒー

お茶類やコーヒーにはカフェインが入っているものが多くあるため、犬にはあげないようにしましょう。

カフェインは中毒症状の要因となることはもちろん、犬にとっては窒息死の原因にもなります。

 

アルコール飲料

アルコール飲料には「エタノール」が入っているため、犬が大量に飲んでしまうと下痢や嘔吐のみならず意識障害を引き起こす要因となってしまうため犬には絶対にあげないようにしましょう。

 

牛乳

牛乳をはじめとする乳製品の乳糖(ラクトース)は犬が十分に消化できずに、乳糖不耐症を引き起こす要因になります。

乳糖不耐症を引き起こすと下痢や嘔吐などの消化器症状が現れます。

ちなみに山羊ミルクは犬も十分に消化ができると言われており、与えている飼い主さんが多いかと思いますが、同様にヨーグルトについても乳酸菌によって犬が消化できない乳糖を分解してくれるため、少量であれば犬に与えても問題ありません。

ペット用のミルクが市販されていますから、水以外の物を与えたい時はそういった物を購入しましょう。

 

まとめ

犬に絶対にあげてはいけない食べものや飲み物についてご紹介致しましたが、人間の食べものは犬にとっては中毒症状の原因となったり、人間と犬の消化能力の違いから犬には消化できなかったりする食べものも多くあります。

犬に与える時は、その食べ物が犬にとって危険ではないかをしっかりと調べてから与えましょう。

故意に与えなくても飼い主の外出中にいたずらをし、食べてしまう事もあります。

人間の食べ残しなどの管理は徹底しましょう。

万が一、ワンちゃんが摂取してしまった場合は、動物病院に連絡をしアドバイスを受けることが大切です。

命に関わる場合もありますから、基本的には犬用の物以外は与えないようにしましょう。

人間の食べ物≠犬の食べ物と思うことが正解と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です