ドイツの番犬ミニチュアシュナウザーの性格と寿命、珍しい毛色を紹介

ドイツの番犬ミニチュアシュナウザーの性格と寿命、珍しい毛色を紹介

 

ミニチュアシュナウザーはじわじわと人気が出てきて2012年以降はずっと人気犬種TOP10に入り続けています。

珍しいワイヤー状の独特な毛質が魅力的なドイツ原産の番犬ミニチュアシュナウザーの性格と寿命、珍しい毛色やNGの毛色を紹介します。

 

ミニチュアシュナウザーは勇敢なドイツ原産の番犬!

目の上の毛と口の周りの毛が長いミニチュアシュナウザーはドイツ原産の番犬です。

サイズは体重が4.5~7.0kg、体高が30~35cmくらいの小型犬です。

元々はスタンダード・シュナウザーという大きな犬(体重が14~20kg、体高が45~50cmくらい)だったのですが、目的に合わせて改良されミニチュアシュナウザーとジャイアントシュナウザーが生まれました。

元々が大きな犬だったので、ミニチュアシュナウザーの中にも時々、体が大きくなる子がいますよ。

シュナウザーはサイズによって役割が違います。

ミニチュアシュナウザーは牧場や馬小屋などの番犬、スタンダード・シュナウザーは猟犬、ジャイアントシュナウザーは牛追い犬として活躍したり警察犬になったりする犬です。

全てのサイズで人と密接に関わっている犬です。

ミニチュアシュナウザーの最大の魅力は眉と口の周りの毛、そして全身を覆うザラザラとした特異的な毛です。

ワイヤー状の毛はブラッシングだけでなくプラッキングというケアも必要になるので、飼う時は信頼できるペットサロンと繋がりを持っておくといいですよ。

 

人懐っこくて勇敢!番犬に最適の性格

ミニチュアシュナウザーは飼い主によく懐き、子どもや他の犬とも仲良くできる家庭的な犬ですが、勇猛果敢で家族を守ることを自分の使命に感じるところがあります。

指示をよく聞く優秀な番犬で、周囲に注意を向ける警戒心が強く、番犬らしくよく吠える特徴があります。

撫でてもらうことや褒めてもらうことが大好きで甘えん坊な面もあるので、思う存分に褒めてスキンシップを図ることが大切です。

留守番もできますが、留守番をさせた後はたっぷり遊んであげてくださいね。

そうすれば、やる気が出て次も自信を持って留守番をしてくれますよ。

とてもいい犬ですが、番犬のサガ、吠えることが止められません。

知らない人や家に近付く人に吠えてしまうことがよくあるので、吠えないようなしつけが欠かせません。

番犬として飼うのであれば吠えるのを止めさせる必要はありませんが、住宅地で飼う場合は子犬の頃から外へ連れ出して色々なことに慣れさせ、むやみやたらに警戒して吠えないようにトレーニングをしてください。

 

ミニチュアシュナウザーの寿命は12~15歳

ミニチュアシュナウザーの寿命は12~15年です。

ペットフード協会の調べによれば、2018年の犬の平均寿命が14.9年(超小型犬が15.01年、小型犬が13.91年)ですから、ほぼ平均的と言えますね。

ミニチュアシュナウザーは体が丈夫で、多くの小型犬が注意したい膝蓋骨脱臼も心配がなく、命に直結するような病気の心配もありません。

肥満に気を配り、ボディケアを毎日怠らないようにして、プロの手も借りながら独特のワイヤーヘアを美しく維持するようにしましょう。

食事の内容はタンパク質も大切ですが、良質の脂質をしっかり取って皮膚や毛の状態が美しく保たれるように配慮してください。

肥満を気にして脂質を避ける飼い主さんもいますが、脂質は皮膚や毛艶を作り出すのに欠かせない栄養素。

必ず摂取するようにしてください。

ボディケアと食事の内容に気を配り、ストレスを溜めないよう散歩をしっかりすればミニチュアシュナウザーも長寿になるでしょう。

 

ソルト&ペッパー以外にも!珍しい色とNGカラー

ミニチュアシュナウザーといえば、ソルト&ペッパーという毛色が一般的です。

しかし、ミニチュアシュナウザーには次のような毛色もあります。

  • ブラック
  • ホワイト
  • ブラック&シルバー
  • ホワイト&ブラック&タン

ブラックやホワイトといったソリッド(単色)カラーのミニチュアシュナウザーは珍しいですね。

タン(褐色)が混じった毛色もレアです。

白と黒の毛の中に少しだけ(口の周りの毛の先だけ)タン(褐色)が入っている子も居て、毛の混ざり具合がとても美しいですよ。

ソルト&ペッパーのミニチュアシュナウザーも美しいのですが、それ以外の毛色も存在感があって独特の魅力があります。

珍しい色のミニチュアシュナウザーを家族に迎えたい場合はブリーダーを探すといいですよ。

なお、ミニチュアシュナウザーには次のようなNGの色もあります。

  • ブラック&タン
  • ブラック&ホワイトやホワイト&ブラック
  • レバーやレバーを含む複数の色
  • ウィートン(黄色っぽい小麦色)やウィートン・ペッパー

犬の毛色を決める遺伝子は、体の機能に関わる遺伝子と深い関係があります。

紹介したような色の犬には奇形や障害があるケースが多いため、そうした色の犬が生まれるような交配は避けなければなりません。

もし、ペットショップなどでレバーやウィートンといった珍しい色のミニチュアシュナウザーがいたとしても購入は避けた方が無難です。

見えない所に障害や奇形がある可能性がありますよ。

他にはない珍しいミニチュアシュナウザーを求める方がいるかもしれませんが、ミニチュアシュナウザーのスタンダードから外れている色は不適切な繁殖で生まれた犬の可能性があるので避けてくださいね。

 

まとめ

ミニチュアシュナウザーはドイツ原産の番犬で、人の生活に密着した犬です。

とても利口で勇敢、家族を大切にして守ってくれる心強い存在です。

ただ、よく吠える特徴があるので子犬の頃から外へ連れ出し、社会に慣れさせ、人に対する警戒心を解くようにしましょう。

寿命は12~15年と小型犬の平均的な寿命です。

独特のワイヤーヘアを維持するためにタンパク質だけでなく良質の脂質にこだわったフードを食べさせてあげましょう。

肥満にも注意し、適度な散歩でストレスを発散させてあげると長寿になるでしょう。

ソルト&ペッパーという一般的な毛色以外にもホワイトやブラックなどの珍しい毛色もあります。

ブリーダーに相談したりして自分好みで頼りになる番犬ミニチュアシュナウザーを家族に迎え入れてはいかがでしょうか。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です