リードは首輪かハーネスどっちがおすすめ?メリット・デメリットを解説します。

パグのリードは首輪かハーネスどっちがおすすめ?メリット・デメリットを解説します。

 

パグはあまり運動が好きではありませんが、毎日の散歩はパグにとってもリフレッシュができ飼い主さんとのおでかけは楽しいものです。

散歩にはリードが必ず必要になるものです。

小型犬とはいえ身体ががっしりしているパグの力は、見た目よりもずっと強く玄関を出た途端自分が行きたい方向へ行こうとする子もいます。

そんなパグに手を焼いている飼い主さんもいるのではないでしょうか。

リードの種類には首輪型とハーネス型があります。

パグにとってはどちらがおすすめなのか、メリットデメリットについてもお伝えしていきます。

 

パグに向いているのはハーネス型

パグは鼻が小さく、短頭犬です。

鼻からのどまでの距離が短く、暑い夏には呼吸が荒くなるのが特徴です。

またパグの体型は首場太くて短く、胸板が厚いです。

首輪型になるとどうしても首に負担がかかるので、呼吸がしにくくなります。

このパグ特有の体型からもハーネス型の方が、散歩中に喉をしめつけることがないので呼吸が楽な状態で散歩させることができますよ。

これらのことからも、パグ特有の体型からもハーネス型の方がパグには適していると言えるでしょう。

 

パグに首輪をしても大丈夫?

飼い主さんによっては、パグでも首輪を利用している場合もあります。

もちろんパグに首輪を利用してはいけないわけではありません。

むしろ首輪には首輪のメリットがあります。

首輪は、ハーネスに比べて散歩中の引っ張り防止や、飼い主の指示をパグに伝えやすいというメリットがあります。

ただ、あまりにもきつい首輪をしてしまうと呼吸が苦しくなる場合があることと、顔が丸いパグは、何かの拍子に首輪が抜けてしまう可能性があります。

当然、散歩中に首輪が抜けてパグが走り出してしまうのはとても危険ですよね。

その危険のリスクを避けるためにも、首輪の効果もありハーネスの役割もできる八の字タイプを利用すれば首輪とハーネスのメリットをカバーすることができます。

首輪を利用するにしても、散歩の時にはハーネスと首輪の両方使用するのも一つの方法です。

リードが2本になってしまいますが、突発的なパグの行動を抑制することができます。

また、年齢によっても使い分けをすることができます。

若くて元気のいい時にはハーネスを、歳をとり老犬になった時なら突発的な行動のリスクも減ってくるので首輪を利用するなどの対策をしてみましょう。

 

ハーネス型のメリット・デメリットは?

ハーネス型がパグには適しているとはいえ、メリットもデメリットをまとめてみましょう。

<メリット>

パグの呼吸を邪魔することなく散歩させることができる。

胴体部分を固定するので、安定感がある。

 

<デメリット>

飼い主の指示が伝わりにくく、引っ張り癖がある場合飼い主がパグの力に負けてしまうことがある。

パグに装着する際、構造が複雑な場合があり手間取ることがある。

サイズを間違えると、外れてしまう場合がある。

ハーネス型であればどれでも安全というわけではありません。

中には複雑な構造のタイプもあり、装着に手間取っている間にパグが興奮してしまうこともあります。

ハーネス型を利用する時には、サイズをしっかり測り体型にフィットしたハーネスを利用するようにしましょう。

また簡単に装着できるタイプを選ぶのもポイントです。

 

首輪型のメリット・デメリット

首輪型にも、メリットとデメリットがあります。

<メリット>

引っ張り癖がある場合、首輪を引っ張ることで勝手な行動を制止させることができる。

首輪に名前や連絡先を記入しておけば、万が一の迷子の時に見つけやすくなる。

子犬の時代には、首輪を利用することでリードになれさせやすくなる。

 

<デメリット>

あまりきつく首輪を絞めつけると、パグの呼吸のさまたげになる。

散歩中のとっさの行動で首から抜けやすいリスクがある。

パグにも、首輪型のリードを利用するメリットもあります。

さきほどのまとめにもなりますが、年齢やその子の性格などにも合わせてうまく利用しましょう。

 

パグの首輪やリードの素材

ハーネスの素材の多くは、ナイロン素材のタイプが多くなります。

ただ夏場は肌にあたる部分が多くなりますので、蒸れてしまうことも考慮してください。

中には布製のタイプなども売られています。

決まった形や素材があるわけではないので、季節によっても使い分けてみるといいですね。

逆に皮製など硬すぎる素材は動きを妨げてしまいますので避けておきたいところです。

首輪の素材は、皮制や布が多くなります。

また太さや重さにも違いがありますので、首輪もサイズをしっかり測定しパグの首に合っていることを確かめましょう。

何度も言いますが、大きすぎても小さすぎても首が抜けてしまうリスクが高くなります。

特に、首輪の場合は特にサイズには気をつけましょう。

また首輪の幅も、太すぎると首を圧迫しやすくなりますのでパグの体型に合った幅を選ぶようにしてみてください。

 

まとめ

パグのリードにはハーネス型がおススメであるとお伝えしました。

ただ一番大切なのは、パグの体型とサイズに合ったタイプを選ぶことになります。

ハーネス型にしても首輪にしても、サイズがあっていなければ思わぬトラブルを起こすリスクが高くなります。

是非、お散歩が楽しくなるようにその子にあったタイプを選んであげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です