小型犬のフードの選び方とおすすめ!3選

小型犬のフードの選び方とおすすめ!3選

「うちの子は小型犬だけど、どんなフードを与えてあげればいいの?」とお悩みの飼い主さんは多いかと思います。

市場には愛犬家に向けて多くのメーカーから数えきれないほどのドッグフードが発売されていますよね。

どれもパッケージには購買意欲を上げるため魅力的な言葉が並んでいるので、何を基準に選べばいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

そこで小型犬のフードを選ぶ基準とおすすめしたいフード3選をご紹介したいと思います!

小型犬に適したフード

現代では小型犬は不動の人気。

チワワ、トイプードル、ダックスフンドなど人気ランキングに並ぶ犬種の上位はほとんどが小型犬です。

そんな小型犬に適したフードの選び方とは何でしょうか。

 

粒の大きさ

およそ10kg未満の場合に「小型犬」と表記されることが多いもの。

ですが、小型犬とひとくちに言ってもその大きさや体重区分にはっきりとした決まりはありません。

3kgのチワワと8kgのミニチュア・シュナウザーでは全く大きさが異なりますよね。

つまりは、食べやすい粒の大きさも変わってくるのです。

中には超小型犬・小型犬と分類されているフードもあります。

愛犬に適したサイズの粒のものを選んであげましょう。

噛む力を鍛えたり、歯石の沈着を抑えるためには、ある程度噛んで食べるくらいの粒のものがおすすめです。

 

フードのタイプ

ドッグフードには硬い「ドライタイプ」のものと水分を多く含んだ「ウェットタイプ」のものとがあります。

また、その中間に位置する半生タイプのものも見られます。

それぞれのメリット・デメリット・特徴についてご紹介しましょう。

ドライフード 半生フード ウェットフード
硬さ 硬い 中間の硬さ 柔らかい
水分量 10%以下 20~35%程度 75%程度
開封後の保存期間の長さ 長い ドライよりは短い 2~3日
嗜好性
歯石のつきにくさ ×
コスパの良さ

小型犬は特にグルメな子が多く、好みのものでないと食べないことや、食が細い子も多いですよね。

あまり食べてくれなくて頭を悩ませ、ついつい嗜好性の高いフードを与えてしまいがち。

ですが、噛む力が弱かったり食欲がなかったりする子犬や高齢犬を除けば、一般的にはドライフードを与える方がメリットが多いものです。

特に小型犬は大型犬に比べて歯石がつきやすいという特徴もありますので、できればドライフードを食べてもらいたいです。

 

小型犬フードを選ぶポイント

毎日食べるフードは愛犬の体作りと密接な関係があります。

小型犬のドッグフードを選ぶ際に気を付けたいポイントが次の3点です。

総合栄養食かどうか

ドッグフードには「一般食」と「総合栄養食」と表記されたものがあります。

主食として与えるものには必ず「総合栄養食」を選びましょう。

「総合栄養食」とはそのフードと水だけで必要な栄養素が摂れると認められている商品です。

「一般食」はウェットタイプのものに多く、嗜好性を上げるために工夫がされているものですが、これだけでは栄養不足になってしまいます。

また「治療食」などもありますが、それぞれの病気に応じて栄養素が調整されているので、健康な犬に独断で与えてしまうと、同じく栄養不足になってしまう場合がありますので注意が必要です。

 

価格

食費は毎日かかるものですからなるべくコスパの良いものを与えたいと考えるのは当然です。

ですが、大きく価格が抑えてあるものにはやはりそれなりの理由があるもの。

安いフードには安く、かさ増しができる穀物が多く使用され、長期保存できるよう保存料や着色料が含まれています。

また、質の悪い肉類が使用されていないとも限りません。

本来なら家畜の捨てる部分や、人が食べることのできない肉が含まれている可能性もあります。

犬の祖先はオオカミ。肉を主食としていました。

犬は人や草食動物と比べて腸が短いので消化吸収が得意ではありません。

ですから消化吸収率の良い肉からタンパク質を摂取することが望ましいのです。

「高ければ必ず良い」というわけではありませんが、あまりに安価なフードには気を付けてあげましょう。

 

ライフステージやライフスタイルに合っているか

年齢に適したフードを選んであげることも重要です。

子犬のうちは多くのカロリーを必要としますが、高齢になってくると消費カロリーは減少するためカロリーは控える傾向にあります。

小型犬用フードには少量で必要なエネルギーが摂取できるよう、比較的高カロリーのものが多いようです。

そのため室内犬で、お散歩にもあまり行かない子であればカロリーオーバーとなってしまうことも。

小型犬は関節を痛めやすいので、肥満には気を付けてあげたいですね。

体系が気になるときには低カロリー食を与えるなど、愛犬の年齢や、運動量に合ったフードを選んであげましょう。

 

小型犬におすすめのフード3選

ここまでご紹介してきたフードを選ぶポイントを考慮して、小型犬におすすめしたフードを3つご紹介します。

「カナガン」

2kg    参考価格 3,960円(税抜)

チキンを主原料として、動物性タンパク質が全体の60%を占めるドッグフードです。

ビタミンやミネラルが豊富な野菜やハーブを40%配合し、バランスのよい食事となっています。

同社の製品であるモグワンよりも粒が小さく、特に小さい小型犬でも食べやすいフードです。

穀物は不使用グレインフリーで、高タンパク低炭水化物のフードは消化がよく、食いつきも良いと評判です。

 

「FINEPET’S 新処方ドッグフード(小粒)タイプ」

1.5kg   参考価格 3,142円(税抜)

アレルギーの原因となりにくいチキンとサーモンを使用したドッグフード。

なんと原料の80%が良質なタンパク質です。プレミアムフードの中でも特に消化吸収率の良いものとなっています。

そのため栄養をしっかりと摂りこめるので量をたくさん与える必要がありません。

食の細い小型犬でも十分な栄養が摂れるのでおすすめです。

 

「モグワン」

1.8kg   参考価格 3,960円(税抜)

モグワンは小型犬に人気のドッグフード。

チキンとサーモンを始めとする高タンパクの肉を50%も原材料に含んでいます。

モグワンも消化しにくい穀物は不使用の「グレインフリー」。原料は全て人も食べることのできるヒューマングレ―ドの素材を使用しているので安心・安全です。

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸を配合することで愛犬がいつまでも若々しくいられるよう配慮されています。

 

まとめ

毎日の食事と健康は直結していると言っても過言ではありません。

大切な家族の一員である愛犬にはいつまでも元気でいてもらいたいですよね。

なるべく愛犬に適した良質なフードを選んであげましょう。

また、愛犬にとっても毎日の食事が楽しみになるフード選びを行ってあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です