ブルドッグの性格や特徴、飼う時の注意点

ブルドッグの性格や特徴、飼う時の注意点

その独特な風貌から犬好きでなくても知っている方の多い犬種であるブルドッグ。

強面の顔つきですがよくみるとなんとなく愛嬌がありますよね。

チワワやトイプードルとはまた違った可愛さがあり人気があります。

そこでブルドッグの性格や特徴、飼う時の注意点についてまとめてみました。

 

ブルドッグの主な特徴

まずは、性格や見た目などブルドッグの主な特徴についてご紹介します。

性格

祖先は闘犬として残忍で凶暴な性格を持っていましたが、現在のブルドッグは、その性質はどこへいったのかというほど穏やかで優しい性格をしています。

子供や他の犬にも気さくに振る舞い、飼い主に従順な性格は、家庭愛玩犬として非常に飼いやすい犬種です。

昔の闘犬としての本能はほとんどなくおっとりしているので、見た目と違って番犬にもあまり向きません。

ただし、食べ物への独占欲は強いので、時に攻撃的になることも。

他の犬の前では食べ物を与えないようにする方が良いでしょう。

 

サイズ

体重 21~27kg

体高 30~36kg

 

体格

重心が低く足が短く、どっしりとした体つき。

肩幅が広く短い前肢の間隔も広いのが特徴的です。

顔から胸にかけて皮膚がたるみ、皺がある様子も、ブルドッグをイメージするときにまず思い浮かぶのではないでしょうか。

頭が非常に大きく、突き出た下あご。

耳は小さく高い位置につき、目は大きく離れています。

上唇は下顎の上に乗るほど垂れ下がっていて、はとても愛嬌のある顔です。

体格全てが独特で特徴的なこの犬は、名前とイメージがすぐに結びつく犬種だと言えるでしょう。

 

被毛

被毛は短く、表面は滑らか。

キメが細かく平らで真っすぐな毛質です。

色はブリンドルや単色のホワイト、レッド、フォーン、パイボールドがあります。

多くはホワイトと各色の組み合わせ。

ブリンドルと呼ばれる地色に他の色が混じったものの場合、レッドが望ましく、ブラックやレバー色はあまり好ましくないとされています。

 

寿命

8~10年

 

ブルドッグの歴史

現代のブルドッグはどのようにして生まれたのでしょうか。

発祥や歴史などについて調べてみました。

発祥~現在

原産国はイギリス。

強いマスティフとゲームハンティングに使われる頑強なテリアを交配させて作られたブルドッグ。

元は牡牛に襲い掛かるスポーツ用の犬として使用されていました。

その後、このスポーツが非人道的だとして禁止されると、次は犬同士を戦わせる闘犬として使用されました。

そのゲームも1935年には禁止されるようになり、ブルドッグのブリーダー達はブルドッグを絶滅させないよう、残忍性や凶暴性を排除することに尽力したのです。

その後、今日でみられる温和で穏やかな犬種となり、家庭愛玩犬として愛されるようになりました。

 

名前の由来

ブルドッグの名前の由来は、当初牡牛が繋がれているところへ犬を向かわせ噛みつかせるスポーツが「ブルバイティング」と呼ばれたことに由来しています。

ブルバイティング用の闘犬として改良されてきたため、この名前が付けられました。

 

ブルドッグを飼う時の注意点・コツ

ブルドッグを飼うときに気を付けたい病気や、飼い方の注意点・コツをご紹介します。

 

気を付けたい病気

ブルドッグ独特の病気というわけではありませんが、比較的多い病気もあるので、事前に防げるものには注意をして防いであげてくださいね。

 

皮膚病

ブルドッグはその特徴的な皺のせいで皮膚炎になりやすい犬種です。

皺と皺の間は湿気やすく、蒸れやすいため細菌が繁殖しやすいのです。

また汚れも溜まりやすくなります。

そのため、炎症を起こすなどの皮膚トラブルには注意が必要です。

 

チェリーアイ

ブルドッグはチェリーアイにも注意しましょう。

チェリーアイとは目頭にある第三眼瞼(瞬膜)が飛び出してきてしまう目の病気。

はっきりとした原因はわかっていませんが出てきた部分がさくらんぼのようにみえることからこのように呼ばれています。

 

飼うときの注意点、コツ

ブルドッグを家族として迎えるときに注意したいことやコツをご紹介します。

より良い環境や関係づくりの参考にしてみてくださいね。

 

皮膚管理

気を付けたい病気でご紹介しましたが、ブルドッグは皮膚炎の多い犬種です。

皮膚管理には気を付けてあげる必要がります。

皺と皺の間を清潔に保ってあげましょう。

適度な頻度でシャンプーやブラッシングも行ってあげてくださいね。

日常ケアとしては、目の粗い布で軽くこすってあげると汚れが落ち、艶のある被毛を保てます。

 

暑さに弱い

ブルドッグは非常に暑さに弱い犬種です。

夏はとても苦手ですので室内は涼しくしてあげましょう。

人が少し肌寒くても犬の呼吸が荒くなっていないかに気を配ることが重要です。

また、散歩は短めで良いです。

特に夏時期の散歩には注意してください。

涼しい場所を歩いたり、気温が上がる時間帯は避けるなど工夫が必要です。

1日10分程度の散歩で十分ですので、過度な運動は避けてあげましょう。

 

まとめ

昔の闘犬としての凶暴さからは考えられないほど、穏やかな性格のブルドッグ。

家庭犬として非常に飼いやすい犬種です。

独特な見た目は愛嬌があり、なんとも味のある犬種ですね。

暑さには非常に弱いので、自宅に迎えるときには室内環境には気を配る必要があります。

比較的平均寿命が短い犬種ですので、高齢に近づくにつれて、定期的な健康診断をおすすめします。

健康には注意をしてあげて、なるべく長い間元気な愛犬と過ごしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です