パグの健康的な体格・体重解説!正しい体重の増やし方は?

パグの健康的な体格・体重解説!正しい体重の増やし方は?

パグを飼おうか考えている方、パグを飼い始めの方は、パグの標準体重を知っていますか?

わんちゃんを健康的にいつまでも長生きできるように成長させるためには、標準体重をきちんと知っておくことが、とても重要です。

この記事では、パグの標準体重や体格についてご紹介します。

パグを飼っていてなかなか体重が増えずに悩んでいる方、反対に体重が増えすぎて困っている方のために、パグの体重管理についても解説いたしますので、ぜひ一読ください。

 

パグの特徴的な体格

小型犬~中型犬のパグですが、成犬になるとどこまで成長するか知っていますか?

成犬になると、体高は25〜28㎝程と言われており、そこまで大きく成長はしません。

小型犬ときくと、チワワやトイプードルのような華奢な体格をイメージする方も多いと思いますが、パグは案外体格ががっしりとしている犬種です。

意外にも筋肉質なので、だっこをしたときには重く感じるかもしれません。

小型犬~中型犬にも関わらず、筋肉質で中身はずっしりと詰まっているイメージです。

 

パグの年齢別・健康体重

はじめは小さくてコロンとしているパグですが、成長するにつれて体重も増えていきます。

成長する姿を見るのも、パグを飼う楽しみでもありますが、健康体重を知らないと長生きできるように成長してはくれません。

いつまでも長生きしてもらえるわんちゃんに成長してくれるよう、パグの健康体重を年齢別にご紹介します。

年齢      体重
生後2ヶ月  1.3キログラム
生後3ヶ月  2.3キログラム
生後4ヶ月  3.5キログラム
生後5ヶ月  4.6キログラム
生後6ヶ月  5.2キログラム
生後7ヶ月  5.9キログラム
生後8ヶ月  6.2キログラム
生後9ヶ月  6.3キログラム
生後10ヶ月      6.5キログラム
生後11ヶ月      6.5キログラム
生後12ヶ月      6.7キログラム

上の表を見ていただくとわかると思いますが、子犬の頃は体重の増加が顕著に見られます。

成犬に近づいてくると、体重は左程増加していません。

基本的に、パグは子犬の頃は成長が激しく、生後7ヶ月頃から体重の変化は安定していきます。

ただし、上の数値はあくまで参考程度にしてくださいね。

パグの中には、子犬の頃は体重にそこまで変化がなく、成犬に近づくにつれて体重の増加が著しくなるこもいます。

子犬のうちから体重が伸び悩んでいたとしても、あせらずにわんちゃんの成長を見守ってあげてくださいね。

 

上手にパグの子犬の体重を増やす

わんちゃんごとに成長の仕方はありますが、そうはいっても子犬のときに体重がなかなか増えないと、心配になってしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか。

あまり急激に体重を増やしてしまうのはダメですが、子犬のうちは食事量が足りていないと低血糖になりやすく、脱水症状を起こしてしまうこともあるので、注意が必要です。

あまりごはんを食べてくれなくて心配な場合は、一回の食事にたくさんごはんを食べさせるということはせず、少しずつ与えてあげましょう。

一回でたくさん食べさせようとはせずに、少ない量でも数回に分けてごはんをあげるようにしてみてください。

 

パグは子犬のときから体重管理をしてあげよう!

「子犬のときはたくさんごはんを食べて、たくさん体重を増やすのがいい」と思っていませんか?

たしかに成長期はたくさんごはんを食べさせてあげた方がいいですが、ごはんのあげ過ぎや、エサの種類には気をつけましょう。

実は、将来わんちゃんが太りやすい体質になるか、太りづらい体質になるかは、子犬のときに決まると言われています。

脂肪細胞の数は子犬の時期に決まるので、脂肪細胞が多いと体に余分な栄養を蓄えやすくなります。

子犬のときに太りやすい体質にしてしまうと、大人になってからいくらダイエットや運動をしても、なかなか痩せづらくなってしまい、苦労する飼い主さんが多いです。

ごはんをたくさんあげてしまったり、おやつを不必要にあげてしまうと、脂肪細胞が増えてしまう原因になりかねません。

パグはごはんをたくさん食べてくれますし、太りやすい犬種なので、子犬のうちから適度な食事量と運動量を守り、体重管理をしてあげてくださいね。

 

パグが太らないために

パグは太りやすい犬種ですが、肥満は病気の原因にもなるため、飼い主さんがきちんとわんちゃんの体型や体重の管理をしてあげなくてはいけません。
肥満体型になってしまわぬよう、しっかりと運動をさせてあげてください。

おやつは太るのであまり与えてはいけませんが、食事制限はなるべくしないようにしましょう。

パグは筋肉質なため、たくさん食べた分たくさん運動させることで、がっしりとした健康的な体型になります。

筋肉がきちんとついていれば、多少食べ過ぎたとしてもきちんとカロリーが消費され、長生きできます。

食事で体重を管理するのではなく、運動で体重を管理しましょう。

 

まとめ

健康体重やパグの健康的な体格を知っておくことで、将来病気にならないわんちゃんに成長してくれます。

子犬のうちから脂肪細胞が余分に増えてしまわぬよう、飼い主さんがきちんと管理してあげることが重要です。

正しい食事と運動を保って、大事な家族が病気にならないように注意してあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です