パグに最適なサークル、ケージは?

パグにサークルやゲージは必要?適切な大きさや広さはあるの?

 

パグを家に迎え入れたい。

よくサークルを準備するようにという情報はあるけれど、自宅で飼うのにサークルは必要なの?と疑問に思うことはないでしょうか。

「外で飼うわけではないし、犬小屋はいらないのでは?それになんだかおりに入れているみたいでかわいそう」など、サークルに対して否定的な考え方をする飼い主さんもいます。

しかし、パグにとってサークルは安全地帯の役割を果たします。

たとえ室内で飼っているパグにも、犬小屋代わりのサークルを準備してあげることが必要になります。

その理由と、適切な大きさについてお伝えします。

 

パグに専用の部屋を作ってあげよう

パグを迎え入れる際、ペットショップかブリーダーさんから購入する人がほとんどですよね。

ペットショップでは狭い部屋に入れられて過ごしています。

そんな姿を見ているとなんだか「うちに来たら自由にさせてあげるからね」そんな思いを抱いてしまうかもしれません。

しかしペットショップと自宅でパグを飼うのでは、状況も意味合いも大きく違いがあります。

もともと遠い祖先に狼の血をひく犬は、寝床として少し暗くて狭い空間を好みます。

「家族みんなと過ごす方が幸せでしょ」と考えるのは飼い主さんの考え方であり、犬の習性では一人で過ごせる自分だけの空間も大切で必要です。

ですから自宅にパグを迎え入れた後も、パグが安心できる場所のためのサークルを用意してあげましょう。

勘違いをしてはいけないのは、サークルは決して閉じ込めるためのものではないということです。

成犬にもなれば自由に出入りすることができ「ここが自分の安心できる安全地帯だ」と認識させてあげる方がパグの為にもなります。

室内に専用のベットを置いてあげることも大切なのですが、子犬を迎え入れた時には初めからサークルに慣れさせていく方がしつけもしやすくなります。

 

 サークルになれさせておくと予期せぬ事態の時にも安心

「やっぱり閉じ込めるのには抵抗がある」と思う人も多いと思います。

災害やケガや病気で入院する必要が出てきたとき、また飼い主さんがどうしても留守にする必要がありペットホテルに預ける必要が出てきたときなど、思いもよらない状況になることもあります。

このような状況になった場合、パグはいきなり狭い空間に閉じ込められることでかなりのストレスを感じることになります。

万が一夜中鳴いて落ち着かないようでは、入院もペットホテルも断られてしまう可能性もでてきます。

この他、もしもの災害時の時におとなしくゲージの中で待機できる習慣があった方が安心ですよね。

いつまでも元気で何事もなく過ごしたいのは飼い主もペットも同じですが、何が起こるかはわかりません。

もしもの時の為にも、サークルに慣れさせておくことが大事です。

 

パグのサークル最適な大きさは?

サークルと同じような名前のケージがあります。

いったい何が違うの?と迷うことはないでしょうか。

どちらも同じような形態ですが、サークルとは側面だけか側面+床付きの形状のものを指します。

一方でケージとは側面だけでなく、天井、床付きの形状のタイプで全面を覆われているタイプのものを指します。

全面を覆われているので、パグを乗せてドライブする時にも利用できます。

主に、自宅で愛犬のしつけや寝床として利用することが多いのがサークルです。

大きさはさまざまで、自由に大きさや広さを変えることができるタイプもあります。

パグに適切な大きさも大切ですが、サークルの利用方法や設置場所にもよっても多少変わります。

自宅置き場所にも限度があるのですが、サークルの中で留守番をさせたいのであればパグが多少自由に動けまわれるくらいのスペースを用意してあげましょう。

また寝床としてサークルを利用し、トイレを一緒に置かないのであればさほど大きさは必要ありません。

パグが一回転でき、横たわった状態で寝転がれる大きさがあれば十分です。

その子によって寝方も違いますので、パグが身体いっぱいに伸ばしても余裕があるくらいの広さを選択します。

ただ子犬時代の大きさに合わせてしまうと、成犬になった時に買い替えなければならなくなります。

近年はサイズが変更できるタイプなどもありますから、成犬になった時の大きさに合わせましょう。

 

まとめ

サークルの必要性と、適切な大きさについてお伝えしました。

しかし何もかもマニュアル通りにする必要はありません。

その子その子の性格がありますので、日中にもサークルに入ってお昼寝をする子もいれば夜寝るときだけサークルの中で寝る子もいます。

「留守番もサークルの中で、寝る時もサークルの中で過ごさせなければ」と飼い主さんが神経質になりすぎるのはおすすめできません。

日中いたずらの心配がなければ、フリーにさせてあげることもできます。

なによりサークルは、愛犬を閉じ込めるためのものではありません。

愛犬が、安心できる場所と認識できるようにしてあげましょう。

そうすることでお留守番もおとなしくできるようにもなります。

パグの個性、または使用目的によって大きさやサイズを検討してみる時の参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です