パグの販売数(記載数)は?2018年11月末2社調べ

パグの販売数(記載数)はどのくらい?

ブサカワで人気のパグですが、どのくらいの頭数がペットショップのホームページに記載されているのでしょうか?

パグをはじめ、フレンチブルドッグなどの犬種は頭が大きい為、帝王切開などの難産が多いです。

そのため出生数も少ないと言われます。

パグも販売価格帯としては高い方ですが、ペチャ顔の中で特にブルドッグは価格の高い犬種になります。

パグは近年の人気上昇により、頭数が全体的に増えており、以前よりは価格が下がっています。

下がっているとは言っても比較的高い価格帯でいるパグですが、どのくらいの頭数が販売されているのでしょうか?

2018年11月28日現在の記載数を、今回はペット販売店大手の中からペットのコジマCoo&RIKUの2社で調べてみました。

是非、参考にしてみてください。

パグの記載数(頭数)は?

パグの記載数

両サイトのパグの記載数は、

  • ペットのコジマ・・・・21頭
  • Coo&RIKU・・・・81頭

でCoo&RIKUが約4倍の記載数という結果になりました。

 

参考:トイプードルの記載数

このパグの記載数が多いのか少ないのかを分かりやすくする為に、近頃一番人気のトイプードルの記載数も調べてみました。

  • ペットのコジマ・・・・140頭
  • Coo&RIKU・・・・933頭

933頭とは凄い数ですね。選びたい放題とはまさにこの事です。トイプードルの人気の凄さがわかります。

 

犬全体の記載数

ちなみに、犬の総記載数は、

  • ペットのコジマ・・・・1120頭
  • Coo&RIKU・・・・9238頭

でCoo&RIKUが約8倍という圧倒的な差をつけました。

 

2社の店舗数

  • ペットのコジマ・・・・46店舗(東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城、京都、兵庫)
  • Coo&RIKU・・・・155店舗(北海道~沖縄まで全国)

やはり違いはありますが、サービスなどはどちらも優れておりアフターケアも含め、安心して購入できます。

 

上記のペットショップについて詳しくは各ホームページをご覧ください。

ペットのコジマ:公式ホームページ

Coo&RIKU:公式ホームページ

パグのオスとメスの内訳は?

パグの記載数が分かったところで、その中でオスとメスの比率はどうなっているのでしょうか。

パグに限らず、世に出回るペットはオスが多いと言われますが、本当なのでしょうか?

パグの記載数を性別で比較してみました。

 

・ペットのコジマ

オス メス 総数
記載数 12(57%) 9(43%) 21(100%)

 

・Coo&RIKU

オス メス 総数
記載数 43(53%) 38(47%) 81(100%)

 

どちらもオスの方が多く記載されていることがわかります。

メスは出産できるのでブリーダーには貴重な存在で、ブリーダーが手放さないとも言われます。

しかし、上記の表を見る限りは、そこまで大きな差がないですね。

このように性別で記載数を比較すると、若干、オスが多いものの極端な差はないと言えるでしょう。

 

パグの種類(カラー)の内訳は?

パグの種類(カラー)によって記載数は違うのでしょうか?

パグの種類というのは、毛色(カラー)の違いのことです。

フォーンや黒が一般的ですが、他にもありますので詳しくはパグの種類は?をご覧ください。

 

・ペットのコジマ

フォーン ブラック その他
記載数 20(95%) 1(5%) 0(0%)

 

・Coo&RIKU

フォーン ブラック その他
記載数 69(85%) 12(15%) 0(0%)

 

こちらの種類(カラー)での比率は大きく差がつきました。

フォーンが圧倒的に多いことが分かります。

もともと日本でパグというとこのフォーンのことでした。

パグのベースカラーということで、昔からパグの中で登録数が多い為、出生数も圧倒的なわけです。

”黒パグ”と呼ばれ、徐々に知名度も上がってきたブラック毛色のパグですが、まだまだ希少価値がありますね。

この先も当分はフォーンが圧倒的に多く、ブラックが記載数で逆転するということは簡単ではなさそうです。

そして、フォーン、ブラック以外の種類は記載数0でした。

当たり前ですが、ブラック以上の希少価値があるということになりますが、むしろ日本に存在しているのか不安になります。

 

パグの希少種(アプリコット、シルバー)の記載は?

実はパグには希少カラーとされている種類がいます。

ジャパンケネルクラブ(通称:JKC)がパグのカラーと認めているのは、4種(4色)です。

フォーン、ブラックの他に、アプリコット、シルバーがその4色となります。

アメリカなどではホワイトもいるようですが、ジャパンケネルクラブはホワイトはミスカラーとしており日本では非公認です。

先述の通り、フォーン、ブラックの2種以外は2社とも記載がなかったので、他社も調べてみました。

結果は、、、、、、、、残念ながら、見つかりませんでした。

飼っている人はいるのかもしれませんが、販売されているのを確認することは出来ませんでした。

 

記載数総まとめ

それでは、2社別に性別ごと、種類(カラー)ごとに調べてきましたが、結果をまとめてみました。

フォーン、ブラック以外の2種(2色)は0でしたので割愛させていただきます。

フォーン ブラック
オス 46 9
メス 43 4

 

流通しているパグの中では、黒パグのメスが最も少ないという結果になりました。

時期やその年によっても、変動はあると思いますので、定期的に調査はしていきたいと思います。

我が家には偶然にも今回の調査結果で、最も流通量の多いフォーンのオスと、最も流通量の少ないブラックのメスがいますが、どちらも可愛いです。

流通量と可愛さは関係ありませんから、出会いがあればそれは運命ですので、是非家族に迎えてあげてください。

どの種類でも楽しいパグライフが送れますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です