肛門腺絞りって必要?しぼり方や注意点を解説!

パグの肛門腺絞りって必要?しぼり方や注意点を解説!

 

パグを飼っているみなさんは、普段肛門腺をしぼってあげていますか?

頻繁に肛門腺をしぼってあげている飼い主さんは、そんなに多くないのではないでしょうか。

この記事では、そもそもパグはどんなときに肛門腺絞りが必要なのか、肛門腺のしぼり方から、肛門腺をしぼる際の注意点までご紹介します。

肛門腺絞りを行わないことで、パグが不快感を感じたり、病気になってしまうこともあるので、この記事を参考にパグの肛門腺をチェックしてみてくださいね。

 

パグの肛門腺とは

「そもそも肛門腺ってパグのどの部分なの?」とわからない方もいらっしゃると思いますので、まずはパグの肛門腺がどこにあるのか、なんのために肛門腺があるのか解説いたします。

そもそも肛門腺は、肛門の周りにある腺のことで、強いにおいを発する分泌液が出る部分です。

肛門を中心にし、4時と8時の方向に存在します。

初対面のわんちゃんがお互いの肛門周りをかぎ合う姿をよく見かけますよね。

実は肛門腺からそのわんちゃん特有のにおいを出しているので、肛門周りをかぐことが自己紹介にもなっています。

肛門腺はよくマーキングにも使われるので、自分を表す部分であり、肛門腺のにおいをかぐことが犬同士の情報交換にもなっています。

 

パグの肛門腺絞りは必要?しないことのリスク

自分を表すにおいを発する肛門腺ですが、パグに肛門腺は必要なのでしょうか。

正直、基本的には肛門腺絞りは必要ありません。

肛門腺に溜まった分泌液は、おしっこのときや、驚いたり興奮したときに、自然と一緒に排泄していることがほとんどです。

しかし、最近のわんちゃんは自分で肛門腺から分泌液を排出できない子もいます。

昔は肛門腺から分泌液を排出して自分の縄張りを主張したり、外敵から身を守っていたりしましたが、最近ではなかなかマーキングする機会も減ってしまいましたよね。

マーキングの機会が減ったことで、最近のわんちゃんは肛門腺から分泌液を排出する筋肉が衰退してきました。

それが高齢化や肥満で、なかなか自分では肛門腺に溜まった分泌液を、排泄できなくなっていきます。

また、小型犬はもともと肛門腺の分泌液を出すのが難しいこともあり、場合によっては飼い主さんが肛門腺をしぼる必要があります。

わんちゃんがやけに肛門周りを気にしていたり、かゆがっていたりしたときは、肛門腺に余分に分泌液が溜まっている証拠です。

放っておくと、肛門腺が炎症を起こしてしまうことがあるので、飼い主さんがしぼってあげる必要があります。

 

パグの肛門腺のしぼり方

パグの肛門腺をしぼったことがない方にとっては、やり方がわからないですよね。

肛門腺しぼりは少々コツがいる作業でもあるので、何回かやっているうちに慣れてきます。

はじめはうまくできなくても大丈夫です。

肛門腺絞りは、分泌液が急に出てきたり、飛び散ったりすることもあるので、すぐに洗い流せるお風呂場につれていくことをおすすめします。

 

①しっぽを持ち上げる。

肛門がタテにきゅっと伸びるくらいまで、片方の手でしっぽを上に持ち上げます。

 

②肛門腺をもむ。

もう片方の手で、肛門を中心に見て4時と8時の方向(肛門腺)に、親指と人差し指を置きます。

このとき、肛門から指1本分くらい外側に、指を置いてくださいね。

そのまま優しく、肛門腺をもんであげましょう。肛門腺をしぼる前にもむことで、分泌液が出やすくなります。

 

③肛門腺をしぼる。

②で押さえていた指で、肛門腺を肛門に向かって下から押し上げるようにして絞ります。

このとき、力を入れすぎず優しくゆっくりと押し上げましょう。

 

④終わったら肛門腺を洗い流す。

肛門腺絞りが終わったら、シャワーで洗い流すかウェットティッシュで拭き取りましょう。

分泌液は強烈なにおいがしますし、残っていると後からかゆがることもあるので、きれいに洗い流してあげましょう。

肛門腺絞りが慣れていないわんちゃんにとって、はじめのうちは肛門周辺を触られることを嫌がる子もいるでしょう。

その場合は、2人掛かりで行うことをおすすめします。

1人はパグが肛門へ顔を持っていかないよう頭をなでて、もう1人が肛門腺を絞ってあげましょう。

 

パグの肛門腺をしぼる際の注意点

肛門腺絞りはコツがいるので、はじめのうちは飼い主さんもうまく分泌液を排出させてあげられないこともあるかもしれません。

しかし、うまく肛門腺を絞れないからといって、何度もパグの肛門腺を押すのはNGです。

分泌液が出ない場合は、肛門腺に分泌液が溜まっていない場合も考えられます。

不必要に肛門腺を押してしまうと、肛門腺を傷めてしまったり、パグに不快感を与えてしまったりするので、気をつけてください。

また、出てきた分泌液の色は確認するようにしてください。

茶色や灰色の場合は問題ありませんが、鮮やかな赤や緑色の場合は、炎症を起こしてしまっている可能性があるので、病院で看てもらってくださいね。

 

まとめ

みなさんいかがでしたか?

パグのような小型犬は、肛門腺から分泌液を排出する筋肉が弱いので、もしかしたら分泌液が溜まっている可能性もあります。

放っておくと炎症を起こしてしまうこともあるので、今までパグの肛門腺を絞ったことのない方は、わんちゃんの肛門腺絞りに挑戦してみてくださいね。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です