犬を飼うときにかかるお金。小型犬~大型犬の生涯費用は?

犬を飼うときにかかるお金。小型犬~大型犬の生涯費用は?

 

 

犬を飼うためにはお金がかかりますが、生涯飼育するためには一体どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

お金のこと考えたくはありませんが、愛犬を不幸にしない為にも気になる所ではありますよね。

犬にかかる費用はドッグフードの種類や日用品、医療費を中心に個々の犬や飼い主さんの意向など、様々な要因で大きく差が生じます。

つまり、各家庭ごとに全く違うということです。

その中で今回は小型犬、中型犬、大型犬別で最低限必要となる目安としての生涯飼育費用を算出してみました。

体格の差で生涯で掛かる費用がどれほど変わるのか、是非、ワンちゃんの購入を考えている方は参考にしてみて下さい。

 

小型犬の生涯費用は190万円以上

小型犬の初期費用目安:23万円

19万2,000円(子犬購入費)

+8,000円(ワクチン代や畜犬登録費用など)

+3万円(日用品)=23万円

 

ペットショップやブリーダーから子犬を購入する場合、初期費用として「犬の購入費用」がかかります。

人気の小型犬で考えると、

  • チワワで15~20万円
  • トイプードルで20~30万円
  • ミニチュアダックスフンドで10~20万円

であるため、平均価格はおおよそ19万2,000円前後になります。

 

また小型犬を迎え入れる際はそれ以外に、

  • 「ワクチン代」5,000円
  • 「畜犬登録費用」3,000円
  • 最低限必要な「ケージ」、「トイレ」、「首輪」、「リード」、「食器」、「水飲み」などで30000円

くらいは必要となります。

 

生涯のドッグフード費用:72万5,400円

4,030円(1カ月のドッグフード代)×15年=72万5,400円

ドッグフード代に関しては給与量や種類によって大きく差がでますが、

一例として1kg当たり1,000円のドッグフードを5kgの小型犬が1日130g消費すると仮定した場合、1ヶ月(31日)で4,030円。

小型犬の平均寿命が15才だと考えた場合、生涯必要なドッグフード費用は72万5,400円になります。

 

生涯の日用品費用:36万円

24,000円(1年の日用品)×15年=36万円

小型犬の日用品で1ヵ月で最低限必要なのは、

  • 「シャンプー」1,000千円程度
  • 「ウンチ袋」500円程度
  • 「ペットシーツ」500円程度

で2,000円目安となります。

小型犬の平均寿命が15才だと考えた場合、生涯最低限必要な日用品費用は36万円程度になります。

 

生涯の医療費:60万円

4万円(1年間の医療費)×15年=60万円

東京都「ペットに関する調査報告書」によると、1年間の犬全般の平均診療費が予防接種代込みで5万1,592円です。

小型犬の場合は体が小さいことから、一般的には中型犬や大型犬と比較すると医療費が安くなる傾向にあるため、1年間4万円で考えると15才まで生きた場合は60万円程度の医療費がかかる計算になります。

しかしながら、手術などが生じた場合は数十万という費用がかかることもあるため、ペット保険に加入していること前提で60万円と考えておいた方がよいでしょう。

 

中型犬の生涯費用310万円以上

中型犬の初期費用目安:19万9,000円

15万円(子犬購入費)

+9,000円(ワクチン代や畜犬登録費用など)

+4万円(日用品)=19万9,000円

 

ペットショップやブリーダーから中型犬の子犬を購入する場合、初期費用として「犬の購入費用」がかかります。

人気の中型犬で考えると、

  • 柴犬で10~20万円
  • ビーグルで10~15万円
  • ボーダーコリーなどで10~15万円

ですので、平均価格はおおよそ15万円前後になります。

また中型犬を迎え入れる際は、

  • 「ワクチン代」6,000円程度
  • 「畜犬登録費用」3,000円
  • 最低限必要な「ケージ」、「トイレ」、「首輪」、「リード」、「食器」、「水飲み」などで40000円

程度となります。

 

生涯のドッグフード費用:171万8,640円

1万230円(1カ月のドッグフード代)×14年=171万8,640円

ドッグフード代に関しては給与量や種類によって大きく差がでますが、

一例として1kg当たり1000円のドッグフードを17kgの中型犬が1日330g消費すると仮定した場合、1ヶ月(31日)で1万230円です。

中型犬の平均寿命が14歳だと考えた場合、生涯必要なドッグフード費用は171万8,640円になります。

 

生涯の日用品費用:45万3,600円

2,700円(1か月の日用品)×14年=45万3,600円

中型犬の日用品で1ヵ月に最低限必要なのは、

  • 「シャンプー」1,500円程度
  • 「ウンチ袋」500円程度
  • 「ペットシーツ」700円程度

で2,700円目安となります。

中型犬の平均寿命が14才だと考えた場合、生涯最低限必要な日用品費用は45万3,600円程度になります。

 

生涯の医療費:70万円

5万円(1年間の医療費)×14年=70万円

東京都「ペットに関する調査報告書」によると、1年間の犬全般の平均診療費が予防接種代込みで5万1,592円です。

中型犬の場合、体の大きさから1年間5万円で考えると14年生存した場合は70万円の医療費がかかりますが、手術などが生じた場合は数十万という費用がかかるためペット保険に加入していること前提で70万円と考えておいた方が良いでしょう。

 

大型犬の生涯費用は340万円以上

大型犬の初期費用目安:31万円

25万円(子犬購入費)

+1万円(ワクチン代や畜犬登録費用など)

+5万円(日用品)=31万円

 

ペットショップやブリーダーから大型犬の子犬を購入する場合、初期費用として「犬の購入費用」がかかります。

人気の大型犬で考えると、

  • ゴールデンレトリバーが20~30万円
  • ラブラドルレトリバーが20万円程度
  • バーニーズマウンテンドッグが30万円程度

ですので、平均価格はおおよそ25万円前後になります。

また大型犬を迎え入れる際は、

  • 「ワクチン代」7,000円程度
  • 「畜犬登録費用」3,000円
  • 最低限必要な「ケージ」、「トイレ」、「首輪」、「リード」、「食器」、「水飲み」などで50000円

程度となります。

 

生涯のドッグフード費用:204万6,000円

1万5,500円(1カ月のドッグフード代)×11年=204万6,000円

ドッグフード代に関しては給与量や種類によって大きく差がでますが、

一例として1kg当たり1,000円のドッグフードを35kgの大型犬が1日500g消費すると仮定した場合、1ヶ月(31日)で1万5,500円です。

大型犬の平均寿命が11歳だと考えた場合、生涯必要なドッグフード費用は204万6,000円になります。

 

生涯の日用品費用:40万9,200円

3,100円(1か月の日用品)×11年=40万9,200円

犬の日用品で1ヵ月で最低限必要なのは、

  • 「シャンプー」1,700円程度、
  • 「ウンチ袋」700円程度、
  • 「ペットシーツ」700円程度で

3,100円程度となります。

大型犬の平均寿命が11才だと考えた場合、生涯最低限必要な日用品費用は40万9,200円程度になります。

 

生涯の医療費:66万円

6万円(1年の医療費)×11年=66万円

東京都「ペットに関する調査報告書」によると、1年間の犬全般の平均診療費が予防接種代込みで5万1,592円です。

大型犬の場合は小型犬や中型犬と比較すると医療費が高くなる傾向にあるため、1年間6万円で考えると11年生存した場合は66万円の費用がかかりますが、手術などが生じた場合は数十万という費用がかかるためペット保険に加入していること前提で66万円と考えておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

犬の生涯飼育費用の目安について、小型犬の生涯費用は190万円以上、中型犬の生涯費用310万円以上、大型犬の生涯費用は340万円以上であることが分かりました。

これらはあくまで最低限かかる目安としての生涯費用で、実際に犬を飼うと予期せぬ医療費や外出費用、高齢期の介護用品など思わぬ出費がかさみ、追加で多額の費用が発生することが多いです。

犬を飼うことを検討している方は犬の生涯飼育費用についても考慮して犬を家族として迎え入れると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です