ブルテリアの性格や特徴、飼い方や飼う時の注意点など

ブルテリアの性格や特徴、飼い方や飼う時の注意点など

 

のっぺりした顔に小さな瞳、おとぼけ顔でとても愛らしいブルテリアですが、実は闘犬として生まれた犬でその体はとても筋肉質です。

闘犬ですからブルテリアは力も強く、とても勇敢です。

家庭犬としての改良が進んではいますが、闘犬本能が強く残っている個体もいるため子犬期からしっかりとした服従訓練が必要な犬種です。

今回はそんなブルテリアの性格や特徴、飼う時の注意点などをご紹介します。

 

ブルテリアの主な特徴

原産国

イギリス

 

価格

20~25万円

 

特筆すべき特徴

  • 中型犬
  • シングルコート
  • 元闘犬

 

性格

ブルテリアはサービス精神の強い好奇心旺盛な性格をしています。

飼い主と遊ぶことも大好きで子供とも友好的に遊ぶことができます。

時折見せるひょうきんな一面は周りの笑顔を誘ってくれるでしょう。

ただし闘犬時代の名残で好戦的な個体もいるため、他犬種に比べより専門的なしつけの知識が必要となります。

子犬期から家族内の上下関係をしっかりと意識させ服従訓練を行うことで家庭内でも穏やかに生活できるかと思います。

また自身から喧嘩を挑むようなことはしませんが挑発されると反応してしまう事もあるので注意しましょう。

散歩の際などは必ずリードをつけ、飼い主が制御できるようにしておきましょう。

 

サイズ・体格

ブルテリアの体格ですが、

体重はオスで25~29キロ、メスで20~25キロ程
体高はオス、メスに関わらず46~56センチ程

が平均的です。

 

体格は非常に筋肉質で体つきを見ると闘犬だったころを彷彿とさせます。

四肢は太く丈夫で、体長と体高がほぼ同じのスクエアタイプが理想的とされています。

最も特徴的なのは、くびれのない頭部でのっぺりとした顔面につぶらで小さな瞳が印象的です。

 

 

被毛の種類・カラー

ブルテリアの被毛はシングルコートで抜け毛も多い傾向にあります。

皮膚トラブルも多いため定期的なブラッシングが必要です。

また短い被毛にシングルコートということもあり寒さは苦手な犬種です。

温度調節のため冬場はお洋服を着せてあげてもいいかもしれませんね。

 

カラーは多種あり、

王道のホワイトカラーを筆頭に、

  • トライカラー
  • レッド
  • フォーン
  • ブリンドル
  • ブラック

などが存在しています。

目の周りに黒い模様があるブルテリアが「アイパンチ」などと呼ばれブルテリア愛好者にはとても人気のある柄となっています。

 

寿命

ブルテリアの平均寿命は11~13歳ほどになります。

中型犬として平均的ではありますが先天性の疾患を発症するケースもありますので個体差が強いかもしれません。

 

ブルテリアの歴史

ブルテリアはイギリス原産の犬で闘犬として作り出されました。

スタッフォードシャーブルテリア、オールドイングリッシュブルドッグ、既に絶滅したイングリッシュテリアなどの交雑によって生み出された犬種で当時はサイズのばらつきが大きく5キロ程の小さな個体から20キロ程の個体まで幅広く存在していました。

小さな個体はのちにミニチュアブルテリアとして、ブルテリアとは別に扱われるようになっていきます。

1935年に闘犬が廃止されて以降は家庭犬として穏やかな性格になるよう改良が始まり現在のブルテリアへと変化していきます。

その名の通りブルドッグとテリアの交配から生れ出た犬種のためブルテリアという名が付きました。

当時はブル(牛)と闘う闘犬として活躍したようです。

 

ブルテリアの飼い方、飼う時の注意点

気を付けたい病気

ブルテリアは水晶体脱臼や皮膚疾患、聴覚障害を引き起こしやすい犬種です。

水晶体脱臼とは水晶体を固定している毛様体小帯が伸びてしまう事により水晶体がずれてしまう疾患で最悪失明に至ります。

大きな圧力などがかかることで発症しますが顔面にくびれがなく眼周りがくぼんでおらず傷つきやすい犬種のため普段から注意が必要です。

また聴覚障害はホワイトカラーのブルテリアに多くその要因はホワイトカラーの血統を入れる際に交配されたダルメシアンからくる遺伝子のせいとされています。

程度は個体差があるようですが完全難聴だとしつけも入りにくいため、ハンドシグナルを使うなど工夫が必要となります。

 

飼う時のコツ注意点など

ブルテリアは寒さに弱いため室内でしっかりと温度調節を行いながら生活させてあげましょう。

また元来闘犬として活躍していましたので赤ちゃんや小動物との同居には慎重になったほうがいいかと思います。

幼少期から穏やかな気質の犬と触れ合わせ社会化させることもとても有効です。

パワーがあり闘犬気質も残ってはいますが本質は愛情深く賢い犬種です。

しつけも比較的入り安ですから飼い主が子犬期から服従訓練を行い、上下関係をしっかりと学ばせることで愛玩犬として穏やかに過ごすことができるでしょう。

もし噛んでしまっても強く怒鳴ったり叱ったりはせず、犬との信頼関係を築けるようコミュニケーションを取る時間を増やしてみましょう。

 

また非常に活発で運動が大好きなため1日2回30分以上の散歩が必要になります。

その他先天的に皮膚が弱く皮膚トラブルが多いため定期的なブラッシング、シャンプーで皮膚のケアを行いましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

ブルテリアの性格や歴史などはわかりましたか?

そのおとぼけ顔からは想像できませんが一度火が付くと応戦してしまう闘志の強さを持っています。

言い換えれば飼い主に忠実でそのパワーを飼い主のために使ってくれることもあるわけです。

飼い主が毅然とした態度で接しリーダーであることを理解させることができれば家庭犬としても問題なく生活することができます。

ブルテリアの場合は幼少期のしつけが非常に重要ですからしっかりと準備を整えてから迎え入れてあげましょう。

困った時は専門家にアドバイスをもらうことで困ることはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です