シェットランド・シープドッグ性格や特徴、飼い方や飼う時の注意点など

シェットランド・シープドッグ性格や特徴、飼い方や飼う時の注意点など

 

シェルティ」の」愛称で親しまれているシェットランド・シープドッグは、ふわふわとボリュームのある柔らかい被毛とキツネのようにシュッと伸びたマズルが人気のコリー犬種です。

”名犬ラッシー”で一躍有名になり、その優雅な姿から一時期国内でも人気が爆発しました。

今回はそんなシェットランド・シープドッグの性格や特徴、飼う時の注意点などをご紹介します。

 

シェットランド・シープドッグの主な特徴

原産国

イギリス(シェットランド諸島)

 

価格

15〜25万円

 

特筆すべき特徴

  • 中型犬
  • ダブルコート
  • 祖先はボーダー・コリー
  • シェルティーという愛称
  • ショードッグ
  • 穏やか

 

性格

コリーをそのまま小さくした見た目のシェットランドシープドッグですが、その性格はコリーよりも神経質で警戒心が強く、よく吠えるのが特徴です。

そのため家庭犬として飼育されるようになった現在でも十分番犬としての役割を担ってくれるでしょう。

また元来牧羊犬として飼育されていたため知能は非常に高く、全犬種の中でもトップクラスの賢さと言われています。

運動が大好きで活発、感受性も豊かです。

飼い主に非常に従順でどこへでもついて行きたがるような、甘えん坊な一面もあります。

 

サイズ

シェットランドシープドッグの大きさは、

体重が約10キロ前後、

体高が35~38センチ程

となります。

 

体格

シェットランドシープドッグの体格は筋肉質で前胸は張り、お腹はぐっと引き締まっている体型です。

 

耳先が前に少しだけ折れ曲がっているのが理想的な形とされており子犬期に重りなどを装着し耳の形に矯正を行うこともあります。

 

被毛・カラー

シェットランドシープドッグの被毛はダブルコートと言われる、柔らかなオーバーコートと硬く保温性のあるアンダーコートの二重構造になっています。

換毛期になるとアンダーコートが一気に抜け落ち快適な体温を維持することが可能です。

つまり抜け毛が多い犬種ということにもなります。

 

またシェットランドシープドッグの最大の特徴でもあるボリュームある胸の飾り毛はメスよりオスのほうが豊富なことが多いようです。

カラーは、

  • セーブル
  • トライカラー
  • ブラック&ホワイト
  • ブルーマール

となっています。

その中で最もポピュラーなのはセーブルであり、街中で見かけるほとんどのシェットランドシープドッグがセーブルカラーかと思います。

なおブルーマールは色素の薄いマール遺伝子を持つ個体特有のカラーでマール遺伝子を持つ個体間での交配は障害を持って生まれる可能性が高いとされています。

 

寿命

シェットランドシープドッグの寿命は12~13歳とされています。

好発疾患として甲状腺機能低下症などがあり、シニア期に入ってから投薬を要するケースも少なくありません。

ですが先天的な疾患を発症しても正しいケアを行えば平均寿命を超えるケースも多々あるようです。

 

シェットランドシープドッグの歴史

シェットランドシープドッグはラフコリーやボーダーコリーと同じ起源と考えられており、イギリス、スコットランド地方のシェットランド諸島が原産の牧羊犬です。

シェットランド諸島の牧草地は狭く、飼料が不足している環境だったため家畜の小型化が進み、それに適応する形でシェットランドシープドッグも小型化したと言われています。

家畜を集めて誘導するタイプのボーダーコリーなどとは違い、家畜が農作物を荒らさないよう吠えて警戒する役割を担っていたためその性質が現在も色濃く残っています。

 

19世紀後半にラフコリーやポメラニアン、キャバリアキングチャールズスパニエルなどと交配され現在の姿になりました。

また当初はシェットランド・コリーと呼ばれていましたがラフコリーの犬種団体の抗議によりシェットランド諸島でシープ(羊)を追う犬、としてシェットランドシープドッグと呼ばれるようになりました。

また日本国内では名犬ラッシーの影響で一時期爆発的な流行を見せましたが、その際の乱繁殖の影響で神経質で無駄吠えが多い個体や股関節疾患のある個体が多く生み出されてしまった過去があります。

現在は、人気ランキングのトップ10とまではいかないものの、安定した人気と知名度を誇っています。

 

シェットランドシープドッグ飼い方や飼う時の注意点

 気を付けたい病気

シェットランドシープドッグは甲状腺機能低下症股関節疾患が好発疾患とされています。

甲状腺機能低下症はシニア期に入ったシェットランドシープドッグによく見られる疾患で元気消失や脱毛、皮膚の色素沈着などが症状です。

甲状腺ホルモンの分泌低下が発症要因になるため甲状腺ホルモン薬の投薬を生涯続けることが治療となります。

また股関節疾患は後肢の膝関節に症状が出ることが多く、発症の年齢も様々です。

場合によっては手術が必要となるケースもありますので、びっこを引くなどの仕草が見られた場合には速やかに動物病院の受診を受けられることをお勧めします。

 

飼う時のコツや注意点

シェットランドシープドッグは非常に賢く、理解するのも早い為、しつけもスピーディーに進むかと思います。

ですが、その賢さゆえに飼い主がリーダーとして正しく振る舞わなければ言うことを聞かない犬に育ってしまいます。

 

また警戒心が強くインターホンなどに過剰に反応して吠えてしまうケースが多々ありますので集合住宅などで飼育を行う場合には子犬の段階から対策を行いましょう。

愛情深く家族が大好きな性格をうまく利用し家族との運動やお散歩をご褒美にしつつトレーニングを行うとストレス発散にもなり効率的にしつけが行えます。

 

なおシェットランドシープドッグは抜け毛も多く毛玉になりやすい毛質ですから自宅で定期的にブラッシングを行ってください。

こまめにブラッシングしてあげることで、特徴でもある美しい毛並みが保てます。

 

まとめ

いかがでしたか?

体は比較的小さめですが声のボリュームやパワーは意外とあるのがシェットランドシープドッグです。

正しいしつけを行えば非常に従順で良きパートナーとなってくれるでしょう。

また運動が大好きな反面、のんびり飼い主に甘えるのも大好きです。

アクティブに過ごした後はたっぷりと甘えさせてあげてくださいね。

その優雅な見た目と賢さは素晴らしいパートナーとなる犬種の1つと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です