MIX犬ってどんな犬?MIX犬の全て

MIX犬ってどんな犬?MIX犬の全て

最近よく聞かれるようになったMIX犬は雑種とは異なり、純血種同士の交配によって生まれる犬です。

今回は、多くの人気を集めているMIX犬について魅力や気をつけたいこと、人気のMIX犬種など幅広くご紹介致します。

MIX犬を詳しく知ることで是非購入を検討してみて下さい。

 

MIX犬ってどんな犬?

MIX犬は雑種とは異なる

MIX犬と言うとどうしても「混ざっている犬=雑種」と勘違いする方がいますが、実はMIX犬と雑種は全く異なります。

MIX犬は、「ハーフ犬」、「ハイブリッド犬」、「デザイナードッグ」や「F1」と呼ばれることもありますが、異なる「純血種同士」を交配することによってつくられる犬種です。

それに対して、雑種の場合は純血種同士の交配ではなく、単純に異犬種間の交配で生まれる犬です。

 

両親が異なる純血種の犬がMIX犬

MIX犬は純血種同士が交配されて生まれますが、それぞれの犬の良さや特徴を引き出すために交配されることが殆どです。

可愛さが特徴の有名なMIX犬で例えると、ポメラニアンとシベリアンハスキーのMIX犬(ポンスキー)やチワワとダックスフンドのMIX犬(チワックス)、コッカースパニエルとプードルのMIX犬(コッカプー)などが挙げられ、どの犬種も両親両方の可愛さが上手に引き出されています。

 

MIX犬の魅力とは?

個性的な犬が多い

個体差はあるものの、純血種の場合はやはり顔つきや色の出方、被毛の質などはどうしても似てきますがMIX犬の場合は個性溢れる犬が生まれやすいのが魅力の1つです。

 

両親の良さを引き出す

MIX犬の一番の魅力が両親両方の良い面(特に顔や体つき)を引き継ぐことができるということです。

純血種の犬の場合も、容姿や性格が良い犬同士が交配されることによって犬種の改良が歴史的に行われてきました。

MIX犬も同じように考えられ、上手に交配(ブリーディング)することによって両親の良い部分(容姿や性格、毛質や体質など)を上手に引き出して良い血を受け継がせることができます。

例えば、日本で非常に人気が高いMIX犬のチワックス(チワワとダックスフンドのMIX犬)については、チワワのクリクリとした大きな瞳とダックスフンドの人気の秘密である短い脚の両方の可愛さが引き出されるなどの魅力があります。

 

価格が比較的安い

MIX犬は日本では非常に人気が高く高額なイメージを持つ方も多くいますが、それはごく一部のMIX犬に限ってのことで一般的には純血種の犬に比べて価格が安いと言われています。

種類によっては10万以下、または10万前後で購入できることもあります。

安いから飼うという事ではありませんが、値段が安いに越したことはありませんよね。

長い間、一緒に過ごす家族ですから、値段だけで決めるのもではないものの気にはなるところです。

 

人気のMIX犬5種

それでは、代表的なMIX犬を紹介してみましょう。

近年はMIX犬もだいぶ有名になってきました。

 

チワックス

チワックスは、「チワワ」と「マルチーズ」のMIX犬で常に人気のMIX犬ランキング上位を独占しています。

魅力は、チワワの大きくて真ん丸の瞳とダックスフンドの愛くるしい短い脚が特徴で、甘えん坊で飼い主に対しての愛情豊かな性格も人気の秘密です。

コッカプー

コッカプーは、「コッカー・スパニエル」と「トイ・プードル」のMIX犬で、主な特徴はコッカー・スパニエルの気品溢れる容姿とトイ・プードルの抜け毛の少なさや臭いの少なさがしっかりと受け継がれていることです。

 

ダップー

ダップーは、「ダックスフンド」と「トイ・プードル」のMIX犬で、ダックスフンドの愛くるしい胴長短足の容姿とトイ・プードルの穏やかで可愛い容姿や性格がうまく組み合わされています。

 

チワマル

チワマルとは、「チワワ」と「マルチーズ」のMIX犬で、チワワの大きな瞳と短いマズルとマルチーズの抜け毛の少なさや穏やかな性格が組み合わされた人気のMIX犬です。

性格面でもマルチーズの忠実心や甘えん坊な性格がうまく受け継がれていて、非常に飼いやすいMIX犬であると言われています。

 

マルプー

マルプーとは小型犬で大人気の「マルチーズ」と「トイ・プードル」のMIX犬で、両方の犬種の特徴が似ていることから違う犬種同士を交配しても、比較的見た目や性格を予測しやすいのが特徴です。

マルチーズとトイ・プードルは両方とも飼いやすい犬種であると言われており、双方抜け毛が少ないことが特徴です。

可愛らしい外見はもちろんですが、個体差はあるもののMIX犬の中では一番小さい犬であると言われています。

 

事前に知っておきたいMIX犬の気をつけたいこと

交配時の掛け合わせによる危険性

MIX犬については交配時の掛け合わせによる危険性が非常に高く、どの犬種同士であっても交配できるというわけではありません。

例えば、父親と母親のサイズ感が圧倒的に異なったりする場合は母親がお腹の中で大きくなりすぎた胎児に耐え切れずに死亡するようなケースも多発しました。

また、短頭種や長い銅が特徴の犬種、短足な犬などのように体のバランスが遺伝子的に崩れている犬種同士の交配は体の構造において、病気を発症しやすいなどの危険性もあります。

 

血統証明書がない

血統証明書は、その犬自身のみならず両親や祖先が同一の犬種であることを証明される書類ですのでもちろんMIX犬には発行されません。

血統証明書によって血を辿ることができるということは、その犬の遺伝子的要素を調べる上で大切であり特に遺伝子疾患を確認するためにも役立ちますが、MIX犬には血統証明書が発行されないので両親や先祖について正確に把握することが困難になります。

 

成犬になったらどんな容姿になるか予測しづらい

純血種の場合大抵は歴史的に長く同じ犬種が交配されてきたので、成犬時のサイズや性格が少なからず決まっています。

それに対してMIX犬の場合は歴史が浅く、違う犬種同士を交配させることから成犬時のサイズや性格などの予測が難しくなる傾向にあります。

特に異なる小型犬同士の交配ではなく、異なるサイズの犬種同士を交配させた場合はサイズの予測が非常に難しくなるでしょう。

 

生まれてきた犬が想像と異なることが多い

MIX犬の場合は、生まれてきた犬が自分の想像と異なる犬であったという話を頻繁に聞きます。

多少の顔の違いや毛質の違いなどは問題視されませんが、サイズ感であったり性格の問題であったり、想像と全く異なる場合は飼う上でも大変になることがあるので注意が必要です。

 

まとめ

MIX犬について幅広くご紹介致しましたが、多くの人から人気を集めているだけあってMIX犬には多くの魅力があります。

しかしながら、純血種のように容姿やサイズ、性格や飼い方などが把握しづらいというデメリットもあるので、MIX犬を迎え入れたいと考えている方は、それらのデメリットもしっかりと考慮してから犬を迎え入れましょう。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です