元軍用犬グレートデンってどんな犬?特徴、飼い方は?新たな活躍の場って?

元軍用犬グレートデンってどんな犬?特徴、飼い方、新たな活躍の場って?

 

「優しい巨人」と言われる犬がいる事を知っていますか?

ドイツ原産のグレートデンという犬種です。

その体格はあまりに大きく、日本では目にする機会も少ないでしょう。

実はこの犬は古くは軍用犬として扱われていました。

悲しい歴史を背負い生まれた犬種ですが、近年な新たな活躍の場を見つけ、生まれもっての優しさを生かしています。

グレートデンとはどんな犬なのでしょうか?

特徴である優しさ、歴史や注意点などを学んでみましょう。

素晴らしい犬であることがわかりますよ。

 

グレートデンってどんな犬?

グレートデンという犬種は、ギネスブックに「最も背が高い犬種」として認定されるほどのビックサイズです。

血統証団体の基準によると、スタンダードと呼ばれる条件は下記のように定められています。

体重 – オス:54-90kg、メス:45-68kg

体高 – 76-100cm

被毛 – 短毛、柔らかい、細い、光沢がある、体躯に密にフィットしている

毛色 – フォーン、ブリンドル、ブラック、ブルー、マント、ハールクイン、ただしマールは不可

頭部 – 細く長い、明確なストップで大きめの口吻部、長方形、明瞭、表情豊か、彫りが深い

歯牙 – 強固、よく発達している、シザーズ・バイト

眼 – 中型、落ちくぼんでいる、丸く暗色、知性を表す

耳 – やや長めに断耳、尖った、立ち耳、あるいは断耳せず

尾 – 中くらいの長さ、踝まで届く

脚 – 前脚は完全に真っ直ぐ

足 – 丸く小さい

寿命 – 7~10年前後

 

実際のグレートデンは、艶のある被毛としっかりと発達した筋肉は大変美しく、芸術的とも言われるほどです。

 

大柄な迫力満点の見た目とは違い、性格は温厚で、飼い主に非常に忠実です。

些細なことに動じない余裕のある雰囲気は、体の大きさに比例していると言えるでしょう。

海外ではペットとしての飼育頭数も多いものの、日本では住宅事情の兼ね合いもあり、目にする機会も少ない珍しい犬種です。

これだけの大きさがありますから、日本のような狭い国では飼育が困難なのです。

広大な土地で放し飼い出来るくらいが一番の理想と言えます。

 

グレートデンが背負った悲しい歴史

実はグレートデンという犬種は、その大きな体形と筋力、高い知能がかわれ、一時は軍用犬として活躍をしていた歴史があります。

本来は温厚な性格の犬種ですから、決して無暗に周囲を攻撃することはありませんが、飼い主への忠実さが裏目に出たしまったのでしょう。

利口で力があるということを私たち人間は悪い方に利用してしまったのです。

また断耳をすることで、顔に精悍さを持たせると、相手を威嚇する効果もあり、このような悲しい歴史を背負っています。

 

グレートデンの新たな活躍の場は「介助」

一時はその外見の印象や過去の歴史が影響し、海外でもグレートデンの人気が下火になった時期もあります。

ペットとして家族に迎える場合でも番犬という役割を期待されていました。

しかし本来温厚な性格を持つこの犬種は今、新たな活躍の場が増えてきています。

それはなんと「介助」の仕事です。

これまで介助を担う犬種と言えばラブラドールレトリバーが一般的でした。

しかしラブラドールレトリバーは盲導犬として歩行を誘導することは得意でも、人間の体を支えるほどの体格はありません。

しかしグレートデンなら、人間が立ち上がる時の支えになる事が出来たり、寝起きする際に体を引っ張り姿勢を変える役割も担うことが出来ます。

とても温厚で忍耐強く、知能が高いからこそ、都度自身で状況判断が出来ることもこの犬種の魅力です。

一見、強面な事を除けば、グレートデンはとても素晴らしいパートナーになりうるのです。

海外ではグレートデンにこのような役割を任せる動きが徐々に増えてきています。

ただラブラドールレトリバーと違い、外見の印象から周囲に恐怖心を与えてしまう点が難点になることが目下の課題とされています。

日本では、個体数が少ないこともありますが、介助犬として活躍しているグレートデンは未だいません。

今後、期待したいところではありますが、見た目などからそのハードルが高いのも事実です。

 

グレートデンを家族に迎える前に考えるべきこと

大型犬と暮らしたい、

珍しい犬種が欲しい、

海外の事例を見て我が家にも、

・・・とグレートデンを家族に迎えたいと考えるきっかけは様々でしょう。

 

日本では数は少ないものの、グレートデンの繁殖や販売を手掛けるブリーダーもいます。

つまり、日本でも飼う事は出来るわけです。

ただ実際に家族に迎えるにあたっては、

  • グレートデンの体格にあった十分な生活スペースがあるか?
  • ご近所などの理解は得られるか?
  • 日々の運動に十分な時間をさけるか?
  • 食費や医療費など大型犬ならではの高額な出費に無理がないか?
  • 近隣にグレートデンの受け入れが可能なペットホテルや動物病院があるか?

などをまず考えてみましょう。

 

2つ目のご近所問題も意外と重要で、大型犬なので鳴き声などもかなり大きいです。

見た目から恐怖を与えてしまう可能性もあります。

事前に大型犬を飼うということに理解をしてもらっておきましょう。

 

5つ目も必須条件です。

残念なことに様々な事情から利用不可なところもあります。

特に動物病院には確認が必要です。

命に関わるところですから、グレートデンの対応が可能か聞いておきましょう。

あとから困っても仕方ないので、事前の下調べは大事なことです。

 

さらに、

  • グレートデンの訓練経験のあるトレーナーを依頼すること

を考えておきましょう。

 

何故かというと、そもそもグレートデンはとても温厚で賢い犬種です。

しかし2歳ころまでは、子犬特有のやんちゃさが目立ちます。

他犬同様に甘噛みをすることも無駄吠えや散歩中に引っ張る癖もあります。

無邪気に他犬に近寄ることで、トラブルにつながることもあります。

家族にとっては許容範囲でも周囲には危険や恐怖になることもあるでしょう。

このようなことからも、早いうち(幼犬時)からプロによるしつけが大事です。

 

家族に迎える時は、そのような大型犬ならではの周囲に対する意識に配慮が必要です。

日本と言う狭い国では、近隣の気持ちは無視できないのです。

 

まとめ

かなりの大型犬ではあるものの、グレートデンはとても温厚で知性的で頼りになる犬種です。

家族にだけ時折見せる甘えた仕草は、かけがえのない愛情になるでしょう。

見た目は迫力がありますが、頭が良いので力さえ負けなければ苦労はしない犬種です。

ただ日本ではあまり馴染みのない犬種ですから家族に迎える時は十分な検討が必要です。

成犬になるとどうしても体格が大きく怪力になりますから、散歩などの苦労はあります。

そして何といってもその見た目から、怖がられてしまう事もあります。

そういった世間の目が一番の課題かもしれません。

 

ペットショップでもほぼ見る事はありませんから、購入はブリーダーさんということになります。

ブリーダーさんから様々なことを詳しく聞いて、家族でよく話し合って飼いましょう。

飼うにはハードルが高い犬種ですが、それ以上に魅力は充分ある犬種ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です