パグの気持ちは行動からわかる?

【パグの行動には意味がある!?】行動別パグの気持ち

 

みなさん、パグの行動にはひとつひとつ意味があるのは知っていましたか?

パグが好きな方やパグを現在飼っている方であれば、一度はパグの行動には何か意味が含まれているのではと考えた方も多いのではないでしょうか。

この記事では、パグの行動に含まれている意味や気持ちについて解説します。

わたしも飼っているパグの行動の意味を知ってから、より一層コミュニケーションをとれるようになり、お互いの信頼関係を深めることができました。

あなたもこの記事を読めば、本当はパグがあなたに対してなにを伝えようとしているのかがわかり、以前よりもましてわが子が愛おしくなるに違いありません。

 

パグは全身でボディーランゲージ

パグはとても温厚でおおらかな性格をしています。

大きな瞳で飼い主さんをじっと見つめてきたり、しっぽを振りながら甘えてきたり、とても愛らしいですよね。

実はこの行動ひとつひとつに意味があり、全身を使ってパグはあなたに何かを伝えようとしているんです。

 

パグは常にボディーランゲージをしています。

このボディーランゲージの意味を理解するのは、パグと友好な関係を築いていく上で、とても大切なのは知っていましたか?

見知らぬ犬に吠えかかったり、はじめてあった人に噛み付いたりといったハプニングを防ぐ手段になることもあります。

パグは攻撃をする前になんらかの合図や警告をしているので、これを知るだけで危険なハプニングを防げます。

 

このように、パグの行動の意味を知ることは、関係性を築くのにとても効果的です。

では具体的に、パグの行動にはどのような意味があるのかお伝えします。

 

口を開けているときのパグの気持ち

パグが口を開けているときには何かしらの気持ちを表現している証拠です。

嬉しいと思っているときやリラックスしているときなどのポジティブな気持ちもありますが、警戒しているときやストレスを感じているときなどネガティブな感情を表しているときもあります。

また、何かに集中していたり、ただ単に走ったあと呼吸が荒くなってしまっただけということもあります。

一見、いろんな感情がありすぎて、本当は何を言いたいのかわからなくなってしまいます。

そんなときは、口を開けたときの開け具合や、前後に起きた出来事で判断してみてください。

人間も目を細めるという行動の中に、笑っていたり、眠かったり、怪訝に思っていたりなど、表現している感情はいろんな場合が考えられますよね。

パグも人間と一緒で、なにかの行動1つに対して、複数の意味合いがあります。

何を表現したいのかは、他の部位にも何か表現が隠されていないか、パグをじっくり観察してみればわかりますよ。

 

口を閉じているときのパグの気持ち

反対に口を閉じているときも、何か感情を表現しています。

具体的には、何かに集中していたり、獲物に狙いをつけていたりと、気持ちを引き締めているサインです。

また、不快に感じているときや、警戒しているときにも口を閉じることがあります。

パグが警戒しているにもかかわらず、かまったり触ろうとしたりすると吠えられることもあるので、注意しましょう。

パグの口の開閉にこんなにも意味が隠されていたとは驚きですよね。口だけではなく、パグは目線でも何か気持ちを表現しています。

 

パグのアイコンタクト

パグは実はアイコンタクトを取っていることを知っていましたか?

パグが目が大きく見開いていたときは、緊張しているときや不安なとき、獲物をとらえるために集中しているときです。

あまりいいサインではありません。

 

また、白目が見えるほど目を見開いていたときは、恐怖や大きな不安のサインなので、注意しましょう。

パグを安心させるために、なでてあげたり、だっこしてあげたりなど、安心させてあげてくださいね。

 

おだやかな表情をしながらアーモンドのような形の目をしているときは、リラックスしていたり、満足していたりと、ポジティブな意味合いがあります。

初対面の人とあったときにこのような表情で目を合わせてきたら友好的な気持ちになっているサインです。

反対に、初対面の人と全然目を合わせないときは、目を合わせたくないと思っており、警戒しているサインなので、無理に目をあわせようとしたり、無理矢理だっこしようとするのはおすすめしません。

 

普段何気なく視線を合わせていた方は、これを期にパグがどんな感情を持っているか観察してみてくださいね。

 

しっぽでわかるパグの気持ち

パグがしっぽを小刻みに振っているときは、嬉しいという感情を表しています。

ゆっくりと振っているときは、不安や好奇心を表しています。

しっぽが下がっているときには、テンションも一緒に下がっています。不安を感じたり、嫌なことがあったサインです。

ただ、何かのジェスチャーではなくただ単に寝ているときにリラックスしていて下がることもありますし、老いてくると自然としっぽは下がります。

 

パグが自分のしっぽを追いかけてくるくる回っているのは見たことがありますか?

この突然の行動は、ストレスを感じたサインです。

飼い主さんが遊んでくれないときや、散歩に早く行きたいときなど、自分の思い通りにならない不満からストレスを感じています。

ただ単に一人遊びの可能性もありますが、頻度が多いときにはしっぽや肛門周りの病気の可能性があるので、獣医師さんに看てもらいましょう。

パグの気持ちを知って信頼関係を深めましょう。

 

まとめ

みなさんいかがでしたか?

パグの行動に隠されたサインを知ることで、今よりもずっと信頼関係が深まります。

会話が出来ませんから、パグが伝えたい気持ちを読み取ってあげることが大事です。

普段なんとなく見ていたパグの行動に、どんな気持ちが表現されているのか探ってみてください。

意外と簡単にわかるようになり、心が繋がりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です