血統書について。血統書の必要性や見方まで解説!

血統書について。血統書の必要性や見方まで解説!

 

みなさんはわんちゃんを飼うときに、血統書を気にしたことがありますか?

由緒正しい、血筋の良い犬には血統書がついていますが、血統書つきのわんちゃんを飼うのは、お金持ちの家庭だけだと考えていませんか?

「そもそも血統書なんて気にしたことがない」という方でもわかりやすく、パグの血統書の必要性や価格について解説いたします。

もちろん、パグ以外の犬種もすべて同じです。パグ以外は当てはまらないという事はありません。

また、血統書の見方についてもご紹介しますので、血統書がついたワンちゃんを飼いたいと考えている方は、是非ご一読ください。

 

血統書とは

「血統書について気にしたことがない」「そもそも血統書とは何なのかわからない」という方もいらっしゃると思いますので、基本的なことからご紹介していきます。

そもそも血統書とは、「その犬がどんな犬なのか」書かれている書類のことです。その犬の血筋についても書かれています。

具体的には、犬種・性別・生年月日・被毛のカラーが書かれているだけでなく、父犬や母犬、その親の代が三代前まで記されています。

犬の正式な登録名や繁殖者、ドッグショーやコンテストなどで受賞した場合にはその実績も記されています。

 

そもそも血統書は必要なのか?

血統書つきの犬は、「値段が高い」「裕福な家庭が飼う」というイメージはありませんか?

そもそも、血統書つきの犬を飼う必要性がわからない方も多いでしょう。

そもそも犬の血統書は必要なのでしょうか。

あくまで血統書は、犬の種類や、親犬の過去の実績などが書かれているもので、健康状態や遺伝的な疾患が書かれている書類ではありません。

もし親犬がどこかのドッグショーやコンテストでの受賞歴が合れば、その子犬も親の遺伝から健康で立派な成犬に育つだろうという予測がつきます。

純血種の保存や繁殖の際の資料として使われる物なので、品質保証のような要素はありません。

血統書が必要な場合は、「わんちゃんをドッグショーや競技会に参加させたい」「繁殖させたい」「できるだけ想像通りの顔のパグを育てたい」と考えている飼い主さんに限ります。

わんちゃんをドッグショーや競技会に参加させる際には、血統書が必要になりますし、パグは遺伝的な疾患を起こしやすい犬種なので、繁殖させる場合には血統書を見て慎重に行わなければなりません。

また血統書の犬種標準を見て、できるだけ成犬の容姿を想像することもできます。

 

パグの血統書の見方

ある程度知識がないと血統書が手元にあっても、見方がわからない方が多いです。血統書の見方についてもご紹介します。

①犬名

犬名とは、繁殖者がつけた名前と犬舎名を組み合わせたものです。

血統書の上段中央に記載されています。

②犬のデータ

犬のデータについては下記が記載されています。

・犬種記号

犬種ごとに決められた記号がつけられています。ちなみにパグは「PG」です。

・DNA登録番号

血統書に記載された情報を科学的に証明するために、DNA登録がされています。

登録情報は協会で管理されます。

・ID番号

マイクロチップやタトゥーによって、個体識別番号が登録されています。

マイクロチップは首に埋め込まれ、タトゥーは耳や腹部に刻印されます。

・股関節評価、肘関節評価

股関節形成不全症や肘関節異形成症を防ぐために、股関節や肘関節に関する情報も、血統書に記載されています。

この情報は繁殖時に参考にするためのものです。

③登録日、出産頭数、登録頭数、一胎子登録番号

裏面の左上に記載されており、一緒に生まれてきた兄弟の頭数や、協会に登録された日が記載されています。

④チャンピオン賞歴

ドッグショーで受賞した経歴を残した場合には、血統書にその旨も記載されます。「CH」という記号が記載された犬は、チャンピオンになった証拠です。

⑤DATE ISSUED

こちらに記載される日付は、血統書の発行日を表しています。

⑥4代祖血統証明書発行申込書

こちらは血統書の裏面最下部にある申込書です。

血統書に記載される祖先は先述しましたが、3代目までしか記載されません。

4代目以降の祖先は、こちらの申込書に記入することで、さらに詳細な血統証明ができます。

血統書つきのパグの値段

血統書つきのわんちゃんは、値段もそれなりに高いというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、血統書がついているからといって、必ずしも値段が高くなるということはありません。

しかし、血筋が優れている犬は値段が高くなる傾向にあります。

パグの子犬は基本的に20万円前後が相場ですが、血統書によって親犬がドッグショーで受賞歴がある優秀な血筋であったり、親犬の顔が整っていてその子犬も、丈夫で整った顔立ちになることが予想できたりする場合には、30万円程になることもあります。

まとめ

みなさんいかがでしたか?

血統書つきのパグを飼おうと思っても、いざ血統書の見方を知らないと、理解できない場合もあります。

パグの繁殖を目的としている方や、飼っているパグをドッグショーで優勝するレベルの丈夫な体に育てたいという方は、ぜひ血統書の見方を参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です